通気性と耐久性を両立しているマットレスを紹介!

マットレスを購入する際には、多くの方たちは寝心地ばかりに注目してしまうでしょう。

確かに、寝心地の良さは重要なポイントですが、マットレスはその他にも『通気性』や『耐久性』も重要なポイントになります。

通気性や耐久性が悪かったら、短期間で寝心地が悪くなってしまうのです。

そこで、おすすめしたいのが『高反発マットレス テンセル 4Dメッシュ』です。

本製品は、寝心地がよくなっている上に、通気性と耐久性を両立しているので、詳しく解説しましょう。

高反発マットレス テンセル 4Dメッシュの特色

本製品は、耐久性や通気性が優れているので、長い間に渡って、寝心地がよくなっています。

なぜ、そのようなことが可能になったのかと言えば、圧縮テストを何回も行なった上に、様々な素材を採用しているからです。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、どのような特色があるのか紹介しましょう。

高反発ウレタンフォーム

本製品は『高反発ウレタンフォーム』を採用していて『153N』もあります。

このNは、ニュートンと呼ばれていて、Nの数値が高くなっているほうが、マットレスが硬くなっているのです。

日本国内には、100N前後のマットレスも多くあるので、それを考えたら、本製品がいかに硬いマットレスか分かるでしょう。

マットレスが硬くなっていたら、体の沈み込みを抑えられるので、重くなっている腰に体圧があまり集中しなくなります。

そのため、寝心地がよくなっているので、体が沈み込みやすいマットレスを利用している場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

3Dメッシュ

私たち人間は、多くの寝汗をかいてしまうので、マットレスには多くの寝汗が染み込んでしまいます。

マットレスに寝汗が多く染み込んでしまえば、ダニが繁殖していくので、健康面で大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

マットレスの湿気を取るためには、何回も立てかける事が重要ですが、手間暇をかけてしまうので注意しなければいけません。

そこで、本製品は側面に『3Dメッシュ』を採用する事によって、熱や寝汗が放出されやすくなっています。

3Dメッシュのお陰で、通気性が優れているので、あまりマットレスを立てかけなくても、本製品は湿気がたまりづらくなっているのです。

パイピング

マットレスから起き上がる時に、角の部分がつぶれてしまう事があります。

このような事が起きてしまうのは、マットレスの中央部分の耐久性が優れていても、角の部分の耐久が優れていない製品が多いからです。

しかし、マットレスの角に足をかけないように起きる事について、面倒に感じてしまう方は多いでしょう。

それでは、本製品はどうなっているのかと言えば『パイピング』を採用する事によって、角の縫製が補強されているので、角が潰れづらくなっています。

圧縮テスト

本製品は、耐久性が優れているマットレスなので、復元率が97.8%にもなっています。

このように優れた耐久性を実現できたのは、メーカーが8万回もの圧縮テストを行なった事が大きく関係しているのです。

実際に、圧縮テストを行ってみても、あまりマットレスの厚みが低下しなかったのです。

そのため、本製品であれば、長く利用していても、寝心地が悪くなる可能性は低くなっています。

本製品でダニ対策

本製品は、通気性が優れているので、ダニ対策を講じやすくなっていますが、ダニの被害について詳しく知らない方は多いでしょう。

そこで、ダニが繁殖した場合の被害について紹介するので、それが理解できれば、本製品を利用するメリットも分かるはずです。

チリダニ

ダニには様々な種類がありますが、その中でも注意しなければいけないのが『チリダニ』です。

チリダニが繁殖するようになれば、チリダニの死骸(しがい)や糞(ふん)がたまるようになってしまいます。

ダニの死骸や糞は、凄く小さなサイズになっているので、鼻や口から吸い込んでしまって、体内まで侵入してしまいます。

そのような事になれば『ダニアレルギー』を発症する可能性が高くなってしまって、鼻水やクシャミなどに悩まされるようになってしまうので、ダニ対策を講じやすくなっているのは注目すべきポイントです。

ツメダニ

チリダニが繁殖するようになったら、次に『ツメダニ』も繁殖するようになります。

なぜなら、ツメダニは、チリダニの体液をエサにして繁殖するからです。

ツメダニは、私たち人間の肌を刺してくる事があるので、マットレスにツメダニが繁殖するようになれば、肌がチクチクしてしまいます。

そのような事になれば、睡眠の質をキープする事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

ツメダニの影響を考えたら、ダニが繁殖しづらくなっているのは、本製品の大きな魅力です。

本製品のサイズ

本製品は、多くの方たちが利用しやすいように、豊富な『サイズバリエーション』を用意している上に『極厚タイプ』になっています。

そこで、本製品を購入するべきか悩んでいる方のために、このマットレスのサイズについて説明しましょう。

サイズバリエーション

本製品のサイズバリエーションは5種類もあって、セミシングルサイズ(幅800mm)・シングルサイズ(970mm)・セミダブルサイズ(1200mm)・ダブルサイズ(1400mm)・クイーンサイズ(幅1600mm)などが用意されているのです。

独りで利用する場合であれば、セミシングルサイズまたはシングルサイズでも十分ですが、体格が大きい場合にはセミダブルサイズのほうが利用しやすいサイズです。

二人で併用する場合であれば、ダブサイズまたはクイーンサイズを選んだほうが良いでしょう。

マットレスの長さは、1950mmになっているので、身長が高くなければ、それほど窮屈(きゅうくつ)に感じる事はありません。

極厚タイプ

本製品は、マットレスの厚みが約200mmもあるので『底つき感』を緩和する事に成功しています。

もしも、マットレスの厚みが足りなければ、体がマットレスに少し沈み込むだけでも、ベッドに近づいてしまうので背中や腰が痛く感じてしまうので注意しなければいけません。

そのため、ボリュームの足りないマットレスを利用していて、寝心地が悪い場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

本製品の基本情報

本製品を詳しく紹介してきましたが、基本情報も理解しておかなければ、このマットレスの全てを把握した事にはなりません。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、参考にしてみて下さい。

デザイン性

多くのマットレスは、表面だけではなく、側面も同じカラーになっています。

それは同じ素材を採用している事が大きく関係していますが、本製品は側面だけが4Dメッシュになっているので、デザインが統一されていません。

実際に、本製品は表面がホワイトになっていますが、側面がグレーになっていて、オシャレなツートンカラーになっているのです。

そのため、デザインにこだわりたい方でも、本製品は満足しやすいマットレスになっています。

コストパフォーマンス

本製品は、通気性と耐久性を両立している事もあって、値段が少し高くなっています。

実際に、楽天市場ではセミシングルサイズが税込価格16,900円・シングルサイズが税込価格17,900円・セミダブルサイズが税込価格21,900円・ダブルサイズが税込価格24,900円・クイーンサイズが税込価格26,900円で販売されています(2018年12月22日時点)。

少し値段は高くなっていますが、通気性や耐久性が優れている事を考えたら、コストパフォーマンスが悪い製品ではありません。

まとめ

マットレスは、耐久性優れていなかったら、短期間でへたってしまって、体が沈み込みやすくなってしまいます。

さらに通気性が優れていなかったら、マットレスが湿ってしまうので寝苦しく感じてしまいます。

本製品は、耐久性と通気性を両立しているので、そのようなデメリットをカバーしやすくなっているので、おすすめのマットレスです。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!