腰痛対策ができるおすすめの4つのマットレス

1830個以上の点で眠りを深化させる 【エアキューブ】 特殊立体凹凸構造マットレス 高反発 点で支えて体圧分散 血行障害を緩和 3D特殊カットで熱がこもりにくい 厚み5cm (シングル)

腰痛があると、寝ている間も痛みが続いて、まっすぐに体を伸ばすのが困難になってしまいます。

熟睡できずに、寝返りするのも大変です。

選ぶ布団やマットレスによって、腰にかかる体圧が違ってきます。

寝起きに感じる腰痛を和らげたり、快眠による起きた時のスッキリ感を味わったりすることができるおすすめのマットレスがあります。

腰痛対策ができるマットレスモットン

腰痛があると、朝起きるときに腰を動かすのが痛くて、なかなか起き上がることができません。

そんな悩みを解消してくれるのが、モットンのマットレスです。

反発力が高いので体圧を分散させ、横を向いて寝ても背骨の位置が曲がらず、まっすぐに保つことができます。

体にゆがみがでないので、楽な体制で眠ることができます。

腰痛になりにくく、肩や首の負担も少ないのでおすすめです。

自然に寝返るができる

体重別に、マットレスの硬さは3種類用意されています。

体重が軽い方と重い方では、重い方の方がマットレスが沈んでしまいます。

そのため、重い方は硬いマットレス、軽い方は柔らかいマットレスを選べるようになっています。

体に合うマットレスとは、マットレスと体が接触している面が広く、腰に隙間ができないことです。

寝返りしやすくなり、体にかかる負担も少なくなります。

アフターサービスが充実

90日間の返金保証があります。

まず、90日間じっくりと寝心地を試すことができます。

どうしても合わないときは、返品して金額を返してもらえます。

もしも、硬さが合わなかったときには、送料の負担で交換してもらうことが可能です。

納得のいくマットレス選びができます。

アフターフォローサービスが付いているので、高い買い物になっても安心です。

点で体を支えるエアキューブ

1830個以上の点で眠りを深化させる 【エアキューブ】 特殊立体凹凸構造マットレス 高反発 点で支えて体圧分散 血行障害を緩和 3D特殊カットで熱がこもりにくい 厚み5cm (シングル)

キューブカッティングで、点で体を支えてくれます。

小さな刺激で、血行を促すことができるので、腰痛対策になります。

マットレス内部には、小さな隙間がたくさんあり、通気性が良いので快適な寝心地を楽しめます。

エアキューブは柔らかい素材の、高反発ウレタンフォームです。

ダニやホコリ、カビから対策ができるので、腰痛だけでなくアレルギーがある方にもおすすめです。

子供を寝かせるときにも安心です。

無重力気分を味わえるオクタスプリング

低反発と高反発の両方の機能があります。

マットレスはふんわりしているのに、沈み過ぎないので気持ちよく朝まで寝ることができます。

折りたたんで持ち運びができるので便利です。

どんな姿勢にも対応できる

寝る体勢はいろいろあります。

上を向く人、横を向く人、うつ伏せや斜めになる人などです。

どんな体勢でも対応できるように、スプリングの硬さを分けて、5つのゾーンに配置されています。

体圧が分散されるようになっているので、首や肩、腰などに負担がかかりにくくなります。

腰痛対策になり、朝まで深い眠りが続きます。

スプリングが長持ち

6万回の耐久テストを受けています。

柔らかくても、スプリングが長持ちするので、心地よさが続きます。

通気性の良さもあり、ダニや菌が繁殖しにくい環境を作れます。

きれいな状態で長持ちするので、値段以上の価値があっておすすめです。

厚みがある13階安らぎプレミアム

27センチの厚みで、腰に負担が少ないマットレスです。

反発力が高いので、体が沈まず疲れにくい体勢で寝ることができます。

強度が強く、マットレスが横揺れしにくくなっています。

体に負担がかからず、翌朝に疲れを残しません。

厚みのあるマットレスを探している方におすすめです。

質のいい睡眠は、その日の疲れをいやし次の日のパフォーマンスにも影響を及ぼします。

また健康を維持するのにも、質のいい睡眠は欠かせません。

質のいい睡眠を促すポイントにはいくつかありますが、中でも「寝具」選びは重要なポイント。

そこで今回は、寝具の中から「マットレス」にスポットを当て、いいマットレス選びのポイントをご紹介します。

以下のサイトに、おすすめのマットレス製品が紹介されていますので、参考にしてみて下さい。

参考>>>「12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷き布団ランキング」

マットレスにはどんな種類があるの?

店頭にたくさん並ぶマットレス。

ではどんな種類があるのでしょうか?

マットレスは、コイルを施したタイプとウレタンを使ったタイプに分けられます。

コイルを施したタイプにはおもに、以下の3種類です。

●ボンネルコイルマットレス

コイル同士が連結しており、体を面で支えるタイプ。

硬めの質感です。

●高密度スプリング

ボンネルコイルマットレスと同様のタイプですが、コイルが高密度にほどこされており耐久性に優れています。

●ポケットコイルマットレス

コイルが独立しており、体を点で支えてくれます。

体圧を分散し、体へのフィット感を得ることができます。

ウレタンを使ったタイプは以下のものがあります。

●低反発マットレス

もともとは、宇宙飛行士のために開発された素材です。

ロケット打ち上げのときにかかる重力を軽くするために開発されました。

力をかけると沈み込むのが特徴です。

体とマットレスが接地する面が広いため、包み込まれるような温かさを感じる半面、夏は暑いことも。

寝返りが打ちにくいというデメリットもあります。

●高反発マットレス

低反発マットレスのデメリットを解消し、メリットのみを得ることができるよう硬さを改良したものです。

自然な姿勢を保って寝ることができ、体への負担を軽くしてくれます。

寝起きの腰痛などに悩まされていた方におすすめです。

マットレス選びのポイントは?

では、マットレスを選ぶ時はどのようなことに注意して選ぶとよいのでしょうか?

とにかく実際に試してみる

まずは、店頭に行って実際に寝心地を試してみることが大切です。

どんなにマットレスの知識を得ていても、実際に寝てみなければ好みの寝心地かどうかは判断できません。

また、店員さんなどにアドバイスしてもらうのもいい方法です。

自分では気が付かない点に目を向けてくれるかもしれませんよ。

お試し期間があるもの・返品できるものを選ぶ

マットレスの中には、お試し期間があったり、返品できたりするものがあります。

店頭で試してみて「いい!」と思っても、実際に寝てみると、「やっぱり合わなかった」ということも。

マットレスはそうそう頻繁に買い換えられるものではありません。

お試しができると安心して購入することができますね。

実際に試す時はここに注目

実際にマットレスを試してみる時は、以下のポイントに着目してみましょう。

寝姿勢はどうか

まずチェックして欲しいのが、寝転がった時の姿勢。

変なところに負荷がかかっていないか、体に痛いところはないかなどをチェックしましょう。

このとき、あおむけでチェックをするのがおすすめです。

腰とマットの間には2~3センチほどの空間があるのが理想です。

寝返りのしやすさはどうか

寝返りがしにくいと、体に負担がかかってしまいます。

スムーズに力を入れずに寝返りができるかチェックをしておきましょう。

揺れはどうか

マットの中には、寝ているときに揺れを感じるものも。

あまりに揺れが大きいと、睡眠を妨げてしまうこともあります。

不快な揺れを感じることはないかしっかりチェックしておきましょう。

また、きしみ音なども睡眠を妨げることがあるので要チェックです。

どんなお店で購入する?

マットレスを購入するときは、知識の豊富な店員さんがいるお店や、返品保証がしっかりついているお店がおすすめです。

子供用マットレスの選び方

子供の成長に欠かせものの一つに睡眠があります。

ダニやカビ、ハウスダストを抑えた清潔な環境作りができ、しっかりと眠るためのマットレス選びができます。

体が成長していく時期なので、体のゆがみが少ない硬さのマットレスを探すのがポイントです。

成長に合わせて買い替えたり、きれいに使って長持ちさせたりと使い方を変えることができます。

理想の姿勢を維持できる硬さ

寝ているときに理想の姿勢を維持するためには、子供の体に合った適切な硬さのマットレスを探します。

体重が重くなると沈みやすくなり、軽いと沈みにくくなります。

適度な沈みは、寝返りを打ちやすくなり腰や背中に負担がかかりません。

寝転んでみて、腰や背中に隙間ができにくく、圧迫感を感じないものを選びます。

子供の体は変化する

子供の体はどんどん成長していきます。

同じ小学生でも、1年生と6年生では全く違ってきます。

体重は倍近くになり、身長は40センチ前後伸びます。

中学生になると、大人と同じマットレスを選ぶことが理想です。

体に合ったマットレスを選ぶことが良いので、成長に合わせて買い替えを検討することがおすすめです。

マットレスの汚れ対策

子供は、布団を汚す可能性があります。

寝ている間に寝汗をかいたり、体調が悪いときには突然嘔吐したり、おねしょをすることも考えられます。

マットレスは洗濯できないものが多く、完全に汚れを落とすことは困難です。

臭いが残ったり、変色したりすることもあります。

ずっときれいに使い続けるために、カバーやシーツを上手に使います。

防水性のあるものや、取り外しのしやすいものが便利です。

通気性の良いマットレスを選ぶこともおすすめです。

外に干せないのでダニが心配な時はプロテクトアベッド

マットレスは大きいので持ち運びに不全です。

そのため、通気性の良いマットレスを選んだり、時には裏返したりすることも大切です。

そして、気になるのがダニです。

マットレスは、湿気や体温がこもった熱でダニが繁殖しやすい環境になっています。

そんな時は、プロテクトアベッドというダニ対策ができるシーツも売っています。

ダニを通さず湿気を外に出すので、気持ちよく眠ることができます。

清潔に使うためにも、マットレスに使うシーツ選びも重要です。

子供用マットレスのおすすめ

子供は、関節が柔らかく骨も弱いため、守ってくれるマットレスを探すことが大切です。

背骨が曲がらず、しっかりと成長させるためにも寝具にはこだわりを持ちたいものです。

折りたたみができるものであれば、移動も楽です。

用途や、子供の体を考えて作られているのでおすすめです。

長さを調節できるIKEAPLUTTEN プルッテン

子供に成長に合わせて、130cmト170cm、200cmの3種類の調節が可能です。

伸長パーツ2つが付属として付いているので、家庭でマットレスを長くしていきます。

低価格で買いやすい商品です。

裏表両方使えるので、長持ちさせるために時々裏返すのが理想の使い方です。

二段ベッドに最適ベルメゾン

二段ベッドにちょうど良いサイズです。

ふわふわしているので、腰を痛めません。

三つ折りなので、取り出しやすく設置も楽にできます。

通気性が良いので、汗をたくさんかいても安心です。

体圧を分散して支えてくれるので、楽な寝心地で朝までぐっすりと眠ることができます。

子供用のマットレス選びは、子供の成長を考えて選ぶことが大切です。

体の成長に伴って、骨や筋肉も付いてきます。

長く使えるものを選んだり、買いやすい金額のものを定期的に交換したりするなど家庭に合わせて買い替え時期を検討します。

どんどん身長が伸び、体重は増えていきます。

選んだマットレスは、清潔に保つために、シーツやカバーを活用するのがおすすめです。

まとめ

腰痛対策ができるマットレスです。

反発力が高く、マットレスに体が沈みにくいので腰に負担をかけません。

腰痛対策ができ、肩や首にも優しくできています。

腰痛がないと、朝までぐっすりと眠れるので疲れが取れます。

気持ちよく寝ざめて、すぐに起き上がれます。

他にも色々特徴や魅力があるので、好みのマットレスを見つけることができます。