耐久性の低いマットレスを長く使うには?劣化防止のコツ4選

マットレスには、いろいろなタイプの製品があります。

中には、耐久性があまり高くないものもあるので、使うときは注意しなければなりません。

柔らかい低反発マットレスなどは、適当な使い方をしていると、かなり寿命が短くなります。

スプリングが入っているものなら基本的には頑丈ですが、ポケットコイルは、ボンネルコイルより耐久性が落ちるものです。

そうした製品を使うときは、長持ちさせるための対策を行うようにしましょう。

定期的に違う面を使う

耐久性の低いマットレスを使うときは、負荷の集中を抑えることが大切です。

同じところに負荷が集中しすぎていると、頑丈なものであっても、大きなダメージを受けることがあります。

それが耐久性の低い製品だった場合、ダメージはさらに増大し、劣化が大幅に進んでしまうのです。

劣化しやすいものを使うならなら、余計な負担は極力減らしていくことが大切です。

そのためには、体を乗せる面の入れ替えを行いましょう。

どちらの面にも負荷を

体を乗せる面が常に固定されていると、負荷の集中を防ぐことができません。

毎日同じ部分にだけ体重をかけることになるため、片面だけ極端にへたりやすくなる可能性が高いのです。

少しでも劣化を遅らせるためには、なるべく負荷が分散するような使い方をしなければなりません。

そのために必要な行為が、使う面のローテーションになります。

最初に敷いた状態のまま延々と使い続けるのではなく、ときどき裏表を入れ替えて使ってみましょう。

それまで体を乗せていた面をいったん休ませ、裏にしていた面にも同じような負荷をかけてください。

この方法なら、うまい具合に負荷を分散させることができます。

負荷の偏りがなくなれば、劣化につながるダメージも小さくなるのです。

耐久性の低い製品を使うときは重要なポイントになるので、しっかり入れ替えるようにしましょう。

上下の入れ替えも

頭を乗せる部分と足を乗せる部分も入れ替えるようにすると、さらに効果的な分散ができるようになります。

そのため、ひっくり返して裏表を逆にしたら、180°の回転も行うようにしましょう。

上下を逆にすることで、同じ面の中でも、負荷の集中を防ぐことができます。

裏表と上下の入れ替えは、ホテルなどでもよく行われている対策なので、長持ちさせるならぜひ試してみてください。

踏む使い方を避ける

踏む使い方というのは、高いところに手を伸ばすときの台にしてしまうことです。

これは、大きな負荷をかけてしまう行為なので、長持ちさせたいならやめるべきです。

マットレスの上に立つと、足裏に体重が集中します。

すると、狭い範囲に大きな負荷をかけることになるため、へたりを早めてしまうのです。

耐久性の低いものだと、そうしたダメージの偏りがより大きく影響してしまうため、十分注意しなければなりません。

近くに踏み台代わりになりそうなものがあると、つい使いたくなることもありますが、マットレスは避けるようにしてください。

子供のジャンプにも注意

大人が気をつけて使うようにしても、子供が遊びの道具にしてしまうと、劣化防止は難しくなります。

上に立って飛び跳ねるような遊び方は、やはり大きな負荷をかけることになるのです。

大人と違い、子供はそれほど重くありませんが、それでもジャンプはよくありません。

子供の体重であっても、激しい動きをすればかなりのダメージになります。

耐久性の低いものをできるだけ長持ちさせるためには、そうした乱暴な使い方は避けるようにしてください。

寝るためだけに使う

マットレスは、睡眠のために必要なアイテムであり、決して踏み台などではありません。

間違った使い方はやめて、きちんと寝具として利用していきましょう。

普通に寝るときだけ使っていれば、負荷の余計な偏りは起こらず、へたりを早めるようなこともありません。

本来の用途をしっかり守り、劣化を防いでいきましょう。

湿気をためすぎない

湿気は、カビの発生や嫌な臭いにつながる要素であり、耐久性の低さとの関連性は薄いイメージもありますが、それは間違いです。

あまりに湿気がたまっていると、耐久性をさらに低下させるおそれがあります。

多量の湿気は、マットレスの素材を傷めてしまうのです。

そのため、常にジメジメした状態で使っているものは、寿命が短くなっていきます。

確実に劣化を防ぐためには、湿気の蓄積もしっかり防ぐようにしてください。

必ず干す

湿気の対策で重要になるのは、やはり定期的に干すことです。

長く敷きっぱなしにしていると、隠れたままの裏面に湿気が蓄積されていきます。

それを避けるには、きちんと干して乾燥させ、湿気をとばすようにしてください。

ただし、耐久性の低いマットレスを干すなら、日光には注意してください。

耐久性の低いタイプはウレタンを使っていることも多いですが、それは日光で劣化する素材です。

普通に天日干ししていると、むしろ劣化を早めることになってしまいます。

干すときの失敗を防ぐなら、日光を避け、陰干しにしてください。

風通しのよい場所であれば、日陰でも乾燥させることができます。

また、説明書をよく読み、日光がNGかどうか確認することも忘れないようにしましょう。

ローテーションも忘れずに

先述した使う面のローテーションは、湿気を軽減するためにも有効な対策になります。

マットレスの湿気は、隠れている裏面に多くなるものですが、ローテーションの対策をしていれば、裏が固定されることはありません。

入れ替えながら使うことで、裏でためた湿気を軽減できるのです。

負荷の集中を防ぐことも大切ですが、普段から湿気が少ない状態で使うためにも、しっかり入れ替えを行いましょう。

床には直接敷かない

床でマットレスを使うときは、そのまま敷くのではなく、すのこの上に置くことをおすすめします。

これは、床との密着を避け、裏に隙間をつくるためです。

裏が床に密着していると、どうしても通気性が悪くなります。

そのような敷き方で使っていると、湿気によるダメージが大きくなり、寿命を縮めることになってしまうのです。

耐久性の低い製品をなるべく長く使うには、すのこで風通しをよくすることが大切です。

すのこの隙間が湿気の逃げ道になってくれるので、蓄積を抑えることができます。

便利なアイテムをうまく使い、少しでも劣化につながる要素を減らしていきましょう。

壁とは密着させない

通気性をよくするためには、床だけでなく、壁との密着も避けるようにしてください。

ベッドを壁に寄せたとき、ぴったりとくっつけるように設置してしまうと、マットレス周辺の空気の流れが滞ります。

そうなると、湿気がたまりやすくなってしまうのです。

壁に寄せるなら、約10cmの隙間を空けることを忘れないようにしましょう。

空気の通り道を空けておけば、劣化を早めるような蓄積を防ぐことができます。

干すときに強く叩かない

耐久性の低い製品に打撃は禁物です。

強い衝撃を与えたりすると、へたりがどんどん早くなっていきます。

そのため、干すときの布団たたきの使い方には注意してください。

布団叩きでバンバンと大きな音を出してしまう人もいますが、そのような乱暴な方法では、劣化を防ぐことができません。

叩くなら、なるべく優しい叩き方にしてください。

少し埃を落とすくらいの軽い叩き方なら、大きなダメージを与えずに干すことができます。

まとめ

耐久性の低いマットレスは、適当な使い方をしていると簡単に劣化してしまうため、他の製品よりも慎重に使わなければなりません。

そのためには、ここで紹介した対策をしっかり行うようにしてください。

耐久性の低い製品は、へたりやすい代わりに、柔らかい感触を感じられるものが多くなっています。

デメリットをカバーする使い方で、そうしたメリットを長く持続させていきましょう。