快適な寝心地のマットレスは選び方のポイントが重要

WAITIEE マットレス 敷布団 高反発 シングルマットレス 三つ折り 通気性抜群 防ダニ 抗菌 洗える 滑り止め付 おりたたみ 寝具マットレス 100x200x3cm 高密度30D 硬め200N

快適な睡眠の確保は、次の日に疲れを残さない意味でもしっかり行いたいところです。

日々の安眠のためには、自分の体に合ったマットレスを使うことは大切です。

しかしどのようなマットレスが自分に適切なのかわからず、何を購入するか迷ってしまうことも多いでしょう。

適切なマットレスは、事前に大まかな選択基準を持っておけば選びやすくなります。

マットレス選びで意識したいサイズ選び

マットレス選びで意識したい最初のポイントは、どんなサイズを選ぶかということです。

サイズが自分の体に合っていなければ、就寝中にしっくりこないため寝つきにくさを感じ、疲れが取れない原因になります。

部屋の大きさとマットレスが合っていない場合

直接マットレスを床に敷いて使う人は、部屋の広さとマットレスの大きさが合わないこともあります。

部屋に比べてマットレスがあまりに大きいと場所を占領してしまい、部屋の中が狭くなってしまいます。

使わない時にその都度押入れに入れるのも面倒でしょう。

そんな時は、折りたたみ式のマットレスを利用すれば便利です。

2つ折や3つ折にできるようなマットレスを使えば、場所を取らずに置いておくことができます。

マットレスの清潔をどのように保つか

マットレス購入後に困ることがあるのは、マットレスの清潔をどのように維持していけばいいかということです。

私は自宅のマットレスが洗えないタイプであることを忘れて洗濯してしまったため、中に詰まっているものが固まってしまい、結局使えなくなってしまったことがあります。

マットレスは丸洗いが難しいため、そのまま何もせずに使ってしまうこともあるでしょう。

ダニなどが繁殖すれば睡眠にも健康にも良くない状況が生まれます。

マットレスの清潔を維持するポイント

できるだけ通気性に優れたマットレスを選ぶことも意識しておきたい部分です。

また洗えるタイプのマットレスを購入することも有効ですが、但し洗えるタイプであってもどの程度洗えるかについて事前に確認しておくことが必要です。

天気のいい日にマットレスを外に干しておくことで、清潔性を保つこともできます。

また、定期的に宅配クリーニングを利用すれば常に清潔を維持することに役立つでしょう。

高反発マットレスと低反発マットレスの違い

そのマットレスが高反発か低反発かという点も大切です。

それぞれに寝心地の特徴があるからです。

自分自身の体格や今使っているマットレスの使用感などから、高反発か低反発かを選択していくといいでしょう。

高反発マットレスの特徴

高反発マットレスはしっかり反発してくれるため、マットレスが沈み込むと寝つきにくい人にとっては使い勝手がいいものです。

体格のいい人や体重の重い人は、高反発マットレスの方が寝返りもしやすく心地よく感じることも多いです。

低反発マットレスの特徴

一方低反発マットレスは、優しい寝心地が特徴です。

体に沿って沈み込むため、一部分に負担がかかることがない眠りを実現することができます。

硬いマットレスだと体が痛くなってしまう人は、低反発マットレスの方が合っているでしょう。

マットレスの厚さも重要

マットレスの厚さについても意識しておく必要があります。

厚さは商品によって様々です。

薄いマットレスは、厚いマットレスに比べれば耐久性に劣る面があります。

その一方で、薄いマットレスの方が軽くて移動しやすいです。

薄いマットレスは体圧が分散されにくく、それが合わない人にとっては寝心地が悪くなって、朝起きた時に体が痛くなってしまうこともあります。

厚いマットレスはそれに比べて寝心地が優れています。

但し、価格的には薄いマットレスに比べて高めの傾向があります。

品質の高いマットレスは継続使用にも適している

価格帯の安いマットレスであれば、使用しているうちに厚みがなくなってしまうこともあります。

私は非常に低価格のマットレスを購入して使ったことがありますが、しばらく使っていると厚さがなくなってしまい困ったことがありました。

おすすめのマットレス選びについては、使用感のレビューがあればそれを参考にしてみるといいでしょう。

まとめ

マットレスは毎日の睡眠で利用するものですから、できるだけ選び方にこだわりたいものです。

睡眠の質は翌日の活動にも影響を与えます。

自分の体のサイズや特徴を理解しておけば、それに合ったマットレスを見つけることも比較的簡単にできます。

価格面のこともありますが、耐久性や日常のケアの方法も考慮しながら、自分にとって合格点のマットレスを選択していけばいいでしょう。