快眠のためにマットレス選びでチェックすべき3つの条件とは?

朝起きたときの目覚めが悪く前日の疲れが十分に取れていないと感じている人は、睡眠時間だけでなく睡眠の質にも問題があると考えられます。

睡眠の質が悪い原因にはストレスや生活習慣の影響も挙げられますが、マットレスなど寝具が体に合っていないことも原因の1つに数えられるのです。

マットレスの性能が睡眠の質にどれだけ影響を及ぼすのか、睡眠中の姿勢保持と寝返りの打ちやすさ、体重との関係という3つの観点から考察してみました。

睡眠の質に大きな影響を与えるマットレス

睡眠時間を十分に取っているにも関わらず疲れが取れず朝の目覚めが悪いとしたら、睡眠の質が低いのではないかと疑ってみる必要があります。

人間は筋肉の疲労から回復するにも全身の細胞を修復するにも、深い睡眠による成長ホルモン分泌が欠かせません。

睡眠の質が低いと眠りが浅くなり、寝ている間に成長ホルモンが十分に分泌されず疲労回復や細胞修復が追いつかなくなってしまうのです。

マットレスは寝る姿勢を保持して寝返りもサポートする機能を持つだけに、睡眠の質に与える影響は決して小さくありません。

体に合わないマットレスや安価で低品質のマットレスに寝ると就寝中の姿勢が崩れ、睡眠の質が低下してしまう恐れがあります

マットレスの反発力は特に影響が大

マットレスの性能を示す数字の中でも、反発力は寝心地の硬さと柔らかさにつながるため特に影響が大きいものです。

マットレスにはコイルマットレスやウレタンマットレスなどさまざまな種類があって、タイプや製品ごとにそれぞれ反発力が異なります。

内部にコイル状の芯材が組み込まれたコイルマットレスは反発力が全般に高いのが特徴ですが、反発力の高さは構造にも左右されるため一概には言えません。

コイルマットレスの構造には大きく分けてボンネルコイル方式とポケットコイル方式の2種類があり、コイル全体がつながっているボンネルコイル方式は反発力も高めです。

コイルが1個1個袋に包まれて独立しているポケットコイル方式のマットレスは体重を点で支える構造となっているため、反発力はボンネルコイル方式より低めの傾向にあります。

内部にコイルを使わずウレタンなどの素材だけで作られたマットレスは、コイルマットレスより反発力が低いように思われがちです。

実際にはウレタンマットレスや新素材を使ったマットレスの中にも、素材を工夫することで反発力を高めている製品は少なくありません。

反発力が高すぎても低すぎても睡眠にはマイナス

睡眠の質を高めるには反発力の高いマットレスがいいのか、それとも低いマットレスの方がいいのかという質問に答えることは簡単ではありません。

結論を言えば反発力が高すぎても低すぎても睡眠の質に悪影響を与えるため、ちょうどよい硬さのマットレスを選ぶのが正解です。

反発力が高すぎるマットレスに寝ると体が浮き上がってしまい、肩やお尻の付近など本来沈み込むべき部分が強く押し返されるため大きな負荷がかかります。

そうなると負担が加わる部分が痛くなってくるので寝返り回数が必要以上に多くなり、どうしても眠りが浅くなってしまうのです。

特に仰向けで寝る人がこうした硬すぎるマットレスを選んだ場合は体が反り返るような姿勢が続くため、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

起床時に腰が痛くなるのはマットレスが柔らかすぎるのも一因

反発力が低いマットレスなら寝心地が柔らかいので、寝ていて体が痛くならないように思われがちです。

実際には柔らかすぎるマットレスに寝ていて腰が痛くなったという人は少なくありません。

腰やお尻の付近には骨盤の大きな骨がある関係で体重に占める比率が最も高く、低反発マットレスだとこの部分が深く沈み込んでしまいます。

腰の部分が沈み込んだ姿勢で寝るのは、何時間ものあいだ前屈姿勢を続けるのと同じ状態です。

人間の骨格構造は背骨が自然なS字カーブを描く形のときに最も安定する仕組みとなっており、前屈姿勢だと上半身の体重を骨盤が支えきれないため腰の筋肉に大きな負担がかかります。

それは立っているときや座っているときだけでなく寝ているときも同じで、反発力が低すぎるマットレスで寝て腰が深く沈み込む姿勢が長時間続くのは決して自然な状態とは言えません。

そうなると腰に大きな負担が加わり、腰の筋肉も一晩中緊張状態が続いて疲労が蓄積されてしまいます。

起床時には筋肉の疲労が回復するどころか、かえって筋肉疲労が増大しているために腰痛を起こしてしまうです。

寝返りも睡眠の質に大きな影響

長時間同じ姿勢のまま寝ていると同じ個所が圧迫され続けるため、圧迫された部分の血行が悪くなって同様の痛みにつながります。

快適な睡眠のためには適度に寝返りを打ち、体にかかる圧力をうまく分散させてやることが必要です。

睡眠時間が不足しているわけでもないのにぐっすり眠れず目覚めが悪い人は、寝返りに問題がある可能性も指摘されます。

一晩に打つ平均的な寝返り回数はおよそ20回から30回までの間と言われており、これより多すぎても少なすぎても睡眠の質が悪化しかねません。

マットレスの反発力が高すぎる場合は前述の通り寝返り回数が必要以上に多くなる傾向があって、そのために深い眠りが妨げられるのです。

寝返りの打ちやすいマットレスの条件

人は就寝中に目を覚ますことなく自然に寝返りを打つのが普通ですが、寝返りの打ちにくいマットレスだと体の向きを変えるのに大きなエネルギーが必要になります。

適度な硬さのマットレスなら反発力をうまく利用することでわずかな力でも体の向きが変えられるため、睡眠中でも無意識のうちに寝返りを打てるものです。

反発力が低すぎるマットレスの場合は寝返りを打つのにある程度意識的な努力が必要で、どうしても睡眠が浅くなってしまいます。

以上のような点を考えると寝返りの打ちやすいマットレスの条件は、適度な反発力を持っていてなおかつ硬すぎないことです。

コイルマットレスや高反発素材を使ったノンコイルマットレスの中から、自分の体型に合った品を選ぶようにするといいでしょう。

マットレスの反発力と体重との関係

マットレス選びの際に重視したい数字として、マットレスの反発力を示すN(ニュートン)という数字が挙げられます。

Nの数字が大きければ大きいほどマットレスの反発力が高く、寝心地が硬いことを意味します。

高反発マットレスと呼ばれる製品はこの数字が概ね110N以上で、75N未満は低反発マットレスの部類です。

人によってマットレスの硬さに対する好みは異なり、柔らかい寝心地を好む人は低反発マットレスの方が眠りやすいと感じています。

寝返りの打ちやすさや寝姿勢の保持といった観点から見れば、硬すぎず柔らかすぎない適度な反発力を持つマットレスが理想です。

マットレスから受ける反発力はその人の体重にも大きく左右され、体重が軽い人ほど反発力の影響を受けやすいので柔らかい寝心地のマットレスを好む傾向も見られます。

体重の重い人には高反発マットレスがおすすめ

体重が40kgにも満たないほど小柄な人や子供なら、75N未満の低反発マットレスでも身体にうまくフィットする可能性があります。

逆に体重70kg以上に達する大柄な人は平均的な硬さのマットレスだと体が沈み込み過ぎますので、110N以上の高反発タイプがおすすめです。

体重が両者の中間に位置する人であれば、75N以上110N未満という平均的な硬さのマットレスを選んでおけば大きく外すことがありません。

特に男性は女性よりも全般に体格ががっちりしていて体重も重く仰向けに寝る人が多いため、高反発マットレスの方が快適に眠れるものです。

女性は男性より小柄な人が多く横向きに寝る傾向が見られますので、反発力が低めのマットレスが適しています。

腰が深く沈み込まないマットレスは腰痛が起こりにくいことから、小柄な人や女性でも腰痛に悩まされている人の間では高反発マットレスが人気を集めています。

自分の体重や体型、寝るときの姿勢に応じた最適な硬さのマットレスと交換すれば寝姿勢が改善され、寝返りも打ちやすくなって睡眠の質が向上できるのです。

まとめ

睡眠の質が悪くぐっすり眠れないという悩みを抱えている人は、生活習慣とともにマットレスの見直しも欠かせません。

自分の体型に合った最適なマットレスと買い替えてもよく眠れない場合は、寝具以外に睡眠の質を悪化させる原因があると考えられます。

とは言え寝具が体に合わないことが原因でよく眠れないという例も少なくありませんので、マットレスの交換は試してみる価値があります。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!