子供用マットレスの選び方とおすすめ2つ

子供の成長に欠かせものの一つに睡眠があります。

ダニやカビ、ハウスダストを抑えた清潔な環境作りができ、しっかりと眠るためのマットレス選びができます。

体が成長していく時期なので、体のゆがみが少ない硬さのマットレスを探すのがポイントです。

成長に合わせて買い替えたり、きれいに使って長持ちさせたりと使い方を変えることができます。

理想の姿勢を維持できる硬さ

寝ているときに理想の姿勢を維持するためには、子供の体に合った適切な硬さのマットレスを探します。

体重が重くなると沈みやすくなり、軽いと沈みにくくなります。

適度な沈みは、寝返りを打ちやすくなり腰や背中に負担がかかりません。

寝転んでみて、腰や背中に隙間ができにくく、圧迫感を感じないものを選びます。

子供の体は変化する

子供の体はどんどん成長していきます。

同じ小学生でも、1年生と6年生では全く違ってきます。

体重は倍近くになり、身長は40センチ前後伸びます。

中学生になると、大人と同じマットレスを選ぶことが理想です。

体に合ったマットレスを選ぶことが良いので、成長に合わせて買い替えを検討することがおすすめです。

マットレスの汚れ対策

子供は、布団を汚す可能性があります。

寝ている間に寝汗をかいたり、体調が悪いときには突然嘔吐したり、おねしょをすることも考えられます。

マットレスは洗濯できないものが多く、完全に汚れを落とすことは困難です。

臭いが残ったり、変色したりすることもあります。

ずっときれいに使い続けるために、カバーやシーツを上手に使います。

防水性のあるものや、取り外しのしやすいものが便利です。

通気性の良いマットレスを選ぶこともおすすめです。

外に干せないのでダニが心配な時はプロテクトアベッド

マットレスは大きいので持ち運びに不全です。

そのため、通気性の良いマットレスを選んだり、時には裏返したりすることも大切です。

そして、気になるのがダニです。

マットレスは、湿気や体温がこもった熱でダニが繁殖しやすい環境になっています。

そんな時は、プロテクトアベッドというダニ対策ができるシーツも売っています。

ダニを通さず湿気を外に出すので、気持ちよく眠ることができます。

清潔に使うためにも、マットレスに使うシーツ選びも重要です。

子供用マットレスのおすすめ

子供は、関節が柔らかく骨も弱いため、守ってくれるマットレスを探すことが大切です。

背骨が曲がらず、しっかりと成長させるためにも寝具にはこだわりを持ちたいものです。

折りたたみができるものであれば、移動も楽です。

用途や、子供の体を考えて作られているのでおすすめです。

長さを調節できるIKEAPLUTTEN プルッテン

子供に成長に合わせて、130cmト170cm、200cmの3種類の調節が可能です。

伸長パーツ2つが付属として付いているので、家庭でマットレスを長くしていきます。

低価格で買いやすい商品です。

裏表両方使えるので、長持ちさせるために時々裏返すのが理想の使い方です。

二段ベッドに最適ベルメゾン

二段ベッドにちょうど良いサイズです。

ふわふわしているので、腰を痛めません。

三つ折りなので、取り出しやすく設置も楽にできます。

通気性が良いので、汗をたくさんかいても安心です。

体圧を分散して支えてくれるので、楽な寝心地で朝までぐっすりと眠ることができます。

まとめ

子供用のマットレス選びは、子供の成長を考えて選ぶことが大切です。

体の成長に伴って、骨や筋肉も付いてきます。

長く使えるものを選んだり、買いやすい金額のものを定期的に交換したりするなど家庭に合わせて買い替え時期を検討します。

どんどん身長が伸び、体重は増えていきます。

選んだマットレスは、清潔に保つために、シーツやカバーを活用するのがおすすめです。