利便性が優れているマットレスの特徴やメリットを紹介!

寝心地の良いマットレスを購入しても『利便性』が優れていない寝具を購入してしまえば、利用していくうちに、使用しづらく感じてしまって、不満を抱いてしまう場合があります。

そのような事になれば「このようなマットレスは購入しないほうが良かった」と思ってしまうでしょう。

そこで、利便性が優れているマットレスの特徴やメリットなどを解説するので、確認してみて下さい。

利便性が優れているマットレスの特徴

マットレスは、どの製品も同じように見えてしまうかもしれませんが、実は様々な種類が販売されています。

そこで、利便性が優れている3つのタイプを紹介するので、参考にしてみて下さい。

折りたたみタイプ

多くの方たちは、マットレスと聞いたら平らな寝具をイメージするでしょう。

ところが、3つに折りたためるタイプのマットレスも販売されていて、コンパクトなサイズにする事ができるのです。

コンパクトなサイズに折りたためたら、他の場所へ運びやすくなるので、引越した場合でも業者の方に頼まなくても車に積む事は十分に可能です。

コンビマットレス

極厚 低反発コンビマットレス 12cm (プロファイル高反発7cm/低反発5cm) セミダブル クリーミーホワイト 【1枚仕立て/体圧分散/快適睡眠/滑り止め/収納バンド付き】

マットレスの硬さを表すもので『N(ニュートン)』というものがあって、このNの数値が高いほうが、マットレスは硬い傾向にあります。

しかし、利用者によって、体に合うNの数値は違いがあるので、マットレスを選ぶ際には注意しなければいけません。

ところが、数多くある寝具の中には『コンビマットレス』と呼ばれるタイプがあって、表面と裏面で反発力が違うものもあるのです。

コンビマットレスであれば、2種類の反発力を1つの製品で利用する事ができて、利便性が優れているのでおすすめです。

床にも敷けるタイプ

通常タイプのマットレスであれば、ベッドの上に敷いて利用する事になります。

しかし、意外な事に、床の上にマットレスを敷けるタイプもあるのです。

なぜ、床の上に敷けるタイプがあるのかと言えば、反発力が高くなっていて、体があまり沈み込まないからです。

底つき感を緩和できたら、床の上にマットレスを敷いても、あまり寝心地が悪くなりません。

折りたたみタイプのメリット

折りたたみタイプを利用すれば、様々なケースで重宝できます。

そのケースを知る事ができれば、折りたたみタイプのマットレスが、いかに優れているのか分かると思うので、詳しく紹介しましょう。

来客用として利用

友達が、自宅に遊びにきても、来客用のマットレスを用意しておかなければ、友達は泊まる事が難しいです。

しかし、来客用のマットレスを用意しようとしたら、広めの空きスペースを確保しておかなければ、寝具を保管する事ができないので注意しなければいけません。

それに引き換え、折りたたみタイプのマットレスであれば、コンパクトなサイズにする事ができるので、クローゼットに収納する事も可能です(クローゼットの広さによって不可能な場合もあるので注意)。

ダニ対策

マットレスは、寝汗や熱がたまりやすいので、利用していくうちに湿気がたまっていきます。

湿気対策を講じるためには、定期的にマットレスを立てかける必要があるのです。

しかし大型サイズのマットレスを立てかけようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまいます。

ところが、折りたたみタイプのマットレスの場合であれば、コンパクトなサイズにできるので、立てかける事も容易です。

コンビマットレスのメリット

コンビマットレスは、2種類の反発力を備える事によって『体重』と『ギャップ』に対応できるようになっています。

そして、2つのポイントに対応できる事から、いくつかメリットを得る事ができるの詳しく解説します。

体重の増減に対応

体重が軽い方は、高反発マットレスを利用しようとしたら腰が浮いてしまって疲れやすくなりますが、低反発であれば腰がマットレスにフィットしやすくなっています。

体重が重い場合には、低反発マットレスを利用したら体が寝具に沈み込みすぎますが、高反発マットレスであれば体が寝具にあまり沈み込みません。

そのため、コンビマットレスを購入した場合には、途中で体重が増えたり減ったりしても、マットレスを裏返す事によって、寝心地をキープしやすいのです。

ギャップに対応

硬いマットレスが好きだと思っていても、実際に寝具を購入してみたら、思ったよりも柔らかく感じてしまう事があります。

寝具店でマットレスを試用できる場合であれば、そのようなギャップに悩まされる事はありませんが、インターネットで注文する場合には注意しなければいけません。

ところが、コンビマットレスの場合には2種類もの反発力を備えているので、そのようなギャップが起きづらくなっています。

床にも敷けるタイプのメリット

ベッドだけではなく、床にも敷けるタイプのマットレスは、ベッドを必要としません。

そのため、洋室のある家から、和室しかない家に引っ越した場合でも、同じマットレスの利用を続けられます。

さらに、途中でベッドが故障した場合でも、床にマットレスを敷けば問題はないので、ベッドが故障した場合でも慌てる必要がありません。

一人暮らしを始める際に、ベッドを購入するほどのお金がない場合でも、床に敷けるタイプのマットレスであれば、あまりお金をかける事もないのでメリットの多いマットレスです。

まとめ

利便性の優れているマットレスを購入すれば、様々なケースで重宝できるので、今まで利用していたマットレスでは2枚も必要だったのが1枚でも足りる場合があります。

特に、コンビマットレスは、1枚の寝具で2つの反発力を備えているので、利便性が高くなっているのです。

もしも、現在利用しているマットレスが利用しづらく感じている場合には、今回紹介した内容を参考にして、新しいマットレスに買い換える事をおすすめします。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!Drawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!