一体型 脚付きマットレス セミダブルは寝心地と利便性を両立!

タンスのゲン 一体型 脚付きマットレス セミダブル ベッド 脚長15cm ボンネルコイル ノンホルムアルデヒド アイボリー 39190005 12

今まで、マットレスを用意していなかった方は、ベッドを用意していない方も多いでしょう。

仮に、ベッドとマットレスの両方を同時に購入してしまえば、お金をかける事になってしまうので、簡単に揃える事はできません。

そこで、おすすめしたいのが『一体型 脚付きマットレス セミダブル』です。

本製品は、ベッドまで購入する必要がない上に、寝心地と利便性を両立しているので、詳しく紹介しましょう。

一体型 脚付きマットレス セミダブルの利便性

本製品の利便性が優れているのは、一体型タイプになっている事が大きく関係しています。

この一体型について詳しく知らない方は多いと思うので、どのようなところが利用しやすくなっているのか説明するので、確認してみて下さい。

一体型タイプ

タンスのゲン 一体型 脚付きマットレス セミダブル ベッド 脚長15cm ボンネルコイル ノンホルムアルデヒド アイボリー 39190005 12

一体型タイプとは、簡単に言ってしまえば、ベッドとマットレスが一体となっている物を指します。

本製品の構造は、マットレスの下に6本の脚を取り付けるだけなので、簡単に組み立てる事が可能です。

実際に、複雑な構造をしているベッドの場合には、組み立てるだけでも大変なので、力があまりない方では途中で嫌になってしまう可能性があります。

そのような事を考えたら、あまり手間暇をかけないで寝具を設置したい場合には、本製品はおすすめの製品です。

掃除しやすい製品

本製品は、6本の脚を取り付けるだけの構造になっているので、脚が付いていない所は、隙間が生じています。

マットレスと床の隙間の高さは、15cmもあるので、ロボット掃除機を走行させてホコリを取り除く事もできるのです。

実際に、日本国内で販売されているロボット掃除機の多くは、ボディの高さが10cm以下になっているので、マットレスと床の隙間へ走行させる事は十分に可能です。

ホコリの中にはダニの死骸(しがい)や糞(ふん)などが混ざっているので、それを取り除きやすくなっていれば、ダニアレルギーの対策を講じる事もできます。

床下収納

マットレスは、小さなサイズよりも大きなサイズのほうが、余裕があるので寝相が悪い方でも利用しやすいです。

本製品は、セミダブルサイズなので、体が大きな方から寝相が悪い方まで利用しやすくなっています。

セミダブルサイズと聞いたら、部屋が狭くなってしまうと思う方は多いかもしれません。

ところが、本製品はマットレスと床の間に隙間を作る事ができるので、床下収納が可能になっています。

隙間に衣装ケースなどを設置しておけば、それほどタンスを設置する必要もなくなるので、セミダブルサイズであっても、部屋がそれほど窮屈に感じる事がありません(部屋の広さによって違いがあるので注意)。

本製品の寝心地

本製品の寝心地がよくなっているのは『生地』と『コイル』が大きく関係しています。

それでは、なぜ生地とコイルによって、寝心地がよくなっているのか紹介するので、みていきましょう。

なめらかな肌触り

暑い夏場の季節になったら、多くの方たちが半袖や短パンのパジャマを着用する事になるので、肌触りの悪いマットレスを利用していたら、寝心地が悪くなってしまいます。

そこで、本製品は『高密度生地』を採用する事によって、なめらかな肌触りを実現しました。

実際に、寝心地が悪くなっていたら、途中で起きてしまう事もあるので、寝つきが悪い方は注意しなければいけません。

そのため、肌触りの悪い寝具を利用している場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

ボンネルコイル

本製品は『ボンネルコイル』を採用していて、コイル(スプリング)が連結されています。

コイルが連結されていれば、体の沈み込みを抑えてくれるので、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっているのです。

実際に、体が疲れている時や、お酒で酔っ払っている時は寝返りを打ちづらくなってしまうのです。

そのような時でも、ボンネルコイルを採用していれば、寝返りを打ちやすいので、体にかかる負担を軽減できます。

コイルの数

体の沈み込みを抑えられるボンネルコイルマットレスでも『耐久性』が悪かったら、途中で寝具がへたってしまいます。

寝具がへたったら、体が沈み込みやすくなっているので、寝返りを打ちづらくなりますし、重くなっている腰に体圧が集中してしまうのです。

腰に体圧が集中している状態で眠っていたら、腰痛の原因になるので注意しなければいけません。

ところが、本製品はコイルの数を352個から368個に増やす事によって、耐久性をアップできました。

本製品の注意点

本製品は、利便性と寝心地を両立していますが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

その注意点を知らないで購入してしまえば、後悔する事になってしまうので詳しく解説しましょう。

製品の重さ

マットレスは、湿気がたまりやすいので、定期的に立てかけて湿気を取る必要があります。

ところが、本製品は一体型タイプにいなっている事もあって、製品の『重量』が約32kgもあるのです。

32kgもあるので、力があまりない方では、立てかける事は難しいので、可能であれば家族の方に手伝ってもらったほうが良いでしょう。

湿気対策を講じる際には、手間暇をかけてしまいますが、マットレスと床の間に隙間が生じている事から、普通のベッドを使うよりは湿気がたまりづらくなっています。

体圧分散

ボンネルコイルは、体の沈み込みを抑えられますが、それよりも体圧を分散しやすくなっている製品があります。

それが『ポケットコイル』と呼ばれるもので、コイルが1本ずつ独立しているのです。

体圧を分散しやすくなっていたら、体重が重くなっている方でも沈み込みを抑えやすいので、ボンネルコイルでも体が沈み込む場合には、ポケットコイルのほうがおすすめです。

ただし、ポケットコイルのほうが通気性が悪くなっているので、それぞれ一長一短ある事は覚えておきましょう。

製品情報の詳細

マットレスを購入する際には『デザイン』や『価格』なども気になる方は多いでしょう。

そのような方たちのために、製品情報の詳細も紹介するので、みていきましょう。

デザイン性

本製品は、3種類のカラーバリエーションを用意していて、ブラック・アイボリー・ブラウンなどがあります。

ブラックはシックで落ち着いたデザインになっているので、洋室に合いやすいデザインです。

アイボリーはホワイトよりも少し淡いカラーになっていますが、清潔感のあるデザインになっています。

ブラウンは、味わいのあるカラーになっているので、派手なデザインが苦手な方でも満足しやすいデザインになっているのです。

これほど豊富なカラーバリエーションを用意しているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いです。

コストパフォーマンス

利便性と寝心地を両立しているマットレスなので、コストをかけられた製品になっています。

そのため、楽天市場では送料無料ですが、税込価格15,800円になっているのです(2019年1月19日時点)。

日本国内に販売されているマットレスの中には、5,000円前後になっている製品はいくつもあるので、少し値段が高く感じるかもしれません。

しかし、マットレスとベッドがセットになっている事を考えたら、本製品はお買い得な製品と言えるでしょう。

まとめ

本製品は、一体型タイプになっているので、簡単に立てかける事はできません。

しかし、マットレスと床の間に隙間が生じているので、あまり立てかけなくても湿気がたまらないようになっています。

ボンネルコイルを採用している事もあって、寝心地もよくなっているので、コストパフォーマンスが優れている寝具になっています。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!