一人暮らしのワンルーム、どんなマットレスがおすすめ?

Sweetnight マットレスシングル 低反発マットレス 寝返りサポート 寝具 敷き布団 体圧分散 通気性 感温性 快適 腰楽 底付なし 抗菌 防ダニ カバー洗える 収納袋付き 1年間保証 100x200x3cm

憧れの一人暮らしのスタート、でもまず必要なものを揃えなくてはなりません。

特に寝具は何よりも必要なものです。

ベッドはともかく、やはり敷布団やマットレスは、第一に購入しておきたいですね。

そしてフローリングの床ならば、やはり布団よりもマットレスのほうが寝心地が良いのは明らかです。

でも狭いワンルーム、どんなマットレスを購入するのが良いのでしょうか。

一人暮らしのワンルームには

お金に余裕があって、ワンルームでもかなり広いとかもしくは別に寝室が用意できれば、まあベッドを設置するのが最も面倒もなくおすすめになります。

しかし部屋が一部屋だけで、寝室からリビングまで兼ねるとなると、ベッドを入れてしまうともう生活空間は殆どなくなってしまいます。

まあ折りたたみベッドや、ロフトスタイルのベッドならそこそこの余裕もできますが、それでも何となく空間を圧迫されている感は否めません、。

となると、ベッドよりも収納の出来る寝具のほうが、そういった部屋には向いていることになりますね。

敷布団とマットレス

収納の出来る寝具となると、布団やマットレスがあげられます。

布団は勿論、収納を前提とした寝具です。

マットレスはと言うと、ベッドに敷いて使用するものや、床に直接敷いて使用するものなど様々です。

この床に敷いて使用ができるマットレスには、たたむことの出来るものや、丸めておけるものなど収納に優れた種類があるので、これも便利に使用できます。

今のアパート事情では

さて今のアパートなどは、まず床がフローリングです。

畳の上に敷くのが前提の布団では、いささか寝心地が良くないのも事実です。

畳自体、結構クッション性がありますからね。

なのでフローリングにはマットレスのほうが、適していることになります。

マットレスはどんなものがいい

ではどんなマットレスが、特に一人暮らしの人に適しているか見てみましょう。

たためたりコンパクトに収納できるもの

出来るだけ空間を維持するためには、使ったらしまうを心がけなくてはなりません。

なのでまずは、収納が可能なタイプのマットレスがおすすめです。

三つ折りに出来るものがポピュラーですが、中にはくるくると巻いておけるものもあります。

部屋の隅に立てかけたり、クローゼットにしまうことが出来るのが強みです。

他の家具と兼用できるもの

大変に便利なのが、たたむとソファに変身するタイプのマットレスです。

要はたためるマットレスなのですが、たたみ方によってはソファになるのですね。

上にカバーをかければ、完全にソファに見えるので、誰かを招く時にもこれなら邪魔にならずにしかも家具として使用できます。

一人暮らしのちょっとした、生活空間の確保に家具の確保に両方に役立ってくれます。

直に床敷きが嫌な人には

直接床にマットレスというのが、あまり好きではない人には脚付きのマットレスがおすすめです。

ベッドほど空間を圧迫しませんし、お値段もそこそこの品が出ています。

床に直接当たらないので湿気も感じずに済みます。

たためるものに比べると出しっぱなしの感じがするのが残念なところです。

マットレスは最終的にどう選ぶ

一人暮らしの生活というのは、気楽と言うしか無いものですが、できれば家具はきちんとしたものを選びたいところです。

特にマットレスなど寝具は、安眠のために必要不可欠な物たちです。

寝心地の良い、長持ちするものを選びたいですね。

そのためにも、一度は実店舗に足を運んで、一度は寝心地を試してみることをおすすめします。

活力の元である快眠を得るために、そこだけはひと手間かけてください。

まとめ

一人暮らしの部屋で、やはり存在を主張してしまうのはベッドですね。

その存在を目立たなくして、少しでも広く部屋を使うためにも、ベッドよりもマットレスの使用をしてみませんか。

たたんでしまえるもの、部屋に立てかけておくもの、他の家具になってくれるものと、かなりの種類が用意されています。

ベッド派の人も、寝心地自体は同じ心地を味わえます。

そして部屋は広くなるのですなら、ぜひ考慮に入れてみてください。