マットレスを選ぶ際には通気性がポイント!その理由とは?

マットレスを購入する際には、多くの方たちが硬さで選んでしまうかもしれません。

ところが、通気性にも注目しておかなければ、寝心地が悪い製品を購入する場合もあるので、注意する必要があります。

そこで、通気性が優れているマットレスを利用する重要性や、選び方を紹介しましょう。

それが分かれば、通気性が優れているマットレスの利用価値がいかに高いか分かるはずです。

通気性と睡眠の関連性

通気性が優れているマットレスを利用しなければ、睡眠の質が低下してしまいます。

睡眠の質は、健康面に大きな影響を及ぼしてしまうので、どのような関連性があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

寝返りを打つ回数

私たち人間が眠ろうとしたら、一晩の間にコップ一杯分もの寝汗をかいてしまいます。

さらに、体温によってマットレスには湿気がたまりやすくなっていくので、通気性が優れていないマットレスは湿っぽくなりやすいのです。

湿っぽいマットレスで眠ろうとしたら、寝苦しく感じてしまうので、必要以上に寝返りを打つ回数が増えてしまいます。

寝返りを打つ回数が多すぎたら、背中や腰に大きな負担をかけるようになるので、通気性が優れているマットレスを利用する事は重要です。

夏場の暑苦しさ

寒い冬場の季節であれば、通気性が優れていないマットレスを利用していても、それほど問題ではありません。

しかし、暑い夏場の季節に通気性の悪いマットレスを利用していたら寝苦しく感じてしまいます。

そのため、夏場の季節では、睡眠の質が低下しやすくなって、睡眠時間を確保しても睡眠不足に陥ってしまう可能性が高いのです。

通気性の悪いマットレスを利用していて、寝不足に陥っている場合には、通気性の優れているマットレスに買い換えてみる事をおすすめします。

ダニ対策の重要性

通気性が悪いマットレスを利用していたら、睡眠の質が低下しやすいだけではなく、ダニが繁殖しやすくなってしまいます。

ダニが繁殖した場合でも、健康面に悪い影響を与えてしまうので、詳しく解説します。

チリダニ

通気性が優れていないマットレスを利用したら、ダニが繁殖しやすくなってしまうのは、ダニは湿気を好む習性があるからです。

そのため、マットレスに湿気がたまるようになっていけば『チリダニ』が繁殖していきます。

チリダニが繁殖した場合には、ホコリの中にダニの死骸(しがい)・糞(フン)などが混ざるようになっていき、それが鼻の中に吸い込んでしまうようになって、ダニアレルギーを発症する場合があるので注意したほうが良いです。

ツメダニ

チリダニが繁殖するようになったら、次は『ツメダニ』も繁殖するようになります。

なぜなら、ツメダニはチリダニの体液をエサにして繁殖する習性があるからです。

ツメダニが繁殖してしまえば、私たち人間の肌を刺してくる事があるので注意しなければいけません。

もしも、眠っている最中にツメダニに刺されてしまえば、睡眠の質が低下してしまいますし、肌が赤く炎症するので気を付けて下さい。

睡眠の質をキープする重要性

通気性が優れているマットレスを利用しなければ、睡眠の質をキープする事が難しくなってしまいますが、睡眠の質の重要性について分からない方は多いでしょう。

そこで、睡眠の質をキープする重要性について説明するので、確認してみて下さい。

成長ホルモンの分泌量

私たち人間は眠る事によって『成長ホルモン』が分泌されるので、睡眠の質が低下していたら、成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。

成長ホルモンは、髪に大きな影響を与えるので、寝不足に陥ってしまえば、髪の毛が薄くなってしまう可能性が高くなるので、注意しなければいけません。

そのため、美容に気を付けている方は、睡眠の質をキープする事は重要です。

疲れを軽減

マットレスで横になって、眠っても、翌朝になった時に疲れが残っている場合があります。

このようなケースでは、あまりにも疲れている状態という場合もありますが、睡眠の質が低下している場合もあるのです。

そのため、あまり体や脳を酷使していないのに、翌朝になっても疲れている場合には、睡眠の質が低下している可能性が高いので気を付ける必要があります。

通気性が優れているマットレスの特徴

通気性が優れているマットレスを利用する重要性を理解してもらえた所で、次に通気性が優れているマットレスを見つけるために、その特徴を紹介しましょう。

通気孔

日本国内で販売されているマットレスの中には、ボリュームがありすぎたら底つき感を緩和する事ができても、湿気がたまりやすいので注意する必要があります。

しかし、マットレスの側面に『通気孔』が備えられていれば、マットレスのたまりやすい熱が通気孔から放出されていくのです。

そのため、ボリュームのあるマットレスを選ぶ際には、通気孔があるのか確認してみて下さい。

凹凸形状

通気孔がないマットレスでも、表面が『凹凸(おうとつ)形状』になっていれば、へこんでいる所から、熱が放出しやすくなります。

さらに、凹凸形状になっている場合には、体を面ではなく点で支える事ができるので、体圧を分散する事もできます。

そのため、凹凸形状になっているマットレスは、通気性と体圧分散の両立を実現した寝具です。

まとめ

日本は四季のある国で、梅雨の時期もあるので、湿気がたまりやすい環境です。

そのため、通気性が優れているマットレスを利用しなければ、睡眠の質が低下してしまいますし、ダニも繁殖してしまうので気を付ける必要があります。

もしも通気性が優れていないマットレスを利用している場合には、通気孔を備えているマットレスまたは凹凸形状になっているマットレスに買い換えたほうが良いでしょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!Drawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!