マットレスを冬に使うときの寒さの原因は?4つ注意点

マットレスを冬に使うときは、なかなか暖かくならず、困ってしまうことがあります。

あまり寒さを感じるようだと、気持ちよく眠ることができないので、冷えすぎないための対策はしっかり行うべきです。

しかし、原因がわからないようでは手の打ちようがありません。

ここでは、寒さを強く感じてしまう原因について、対策と一緒に詳しく説明していきます。

寒いベッドと組み合わせている

マットレスを使っているときに寒さを感じる場合は、ベッドがどのようなタイプか確認してみてください。

ベッドの構造によっては、冬の寒さが体に伝わりやすくなることがあります。

注意しておきたいのは、通気性のよいベッドです。

下に隙間があり、空気の通り道がしっかりと確保されたタイプは、通気性がとてもよくなっています。

空気の通り道があると、湿気の逃げ道もしっかり用意されていることになるため、湿気の蓄積を抑えられるのです。

これは、カビの対策をするときは重要なポイントです。

カビは湿気の多い場所を好むため、マットレスがジメジメしていると、元気に繁殖を始めてしまいます。

そのような事態を防ぐためには、通気性の高いベッドが最適です。

しかし、冬に使うものとしては少し問題があります。

空気の通り道があると、床からの冷気が伝わりやすくなるので、気温が低い時期には、どうしても寒くなってしまいます。

そのため、暖かさを重視したいときは、あまりおすすめできないタイプなのです。

寒さを防ぎたいときは、風通しがよすぎるものを避けるようにしてください。

収納スペースがあるものを

ベッドの中には、下に引き出しがついたものがあります。

そのようなタイプは、何かを収納しておくにはとても便利であり、冬に使うときもぴったりです。

下に収納がついてものは、空気を必要以上に通さないため、冷たい空気の影響をあまり受けません。

床からの冷気がそれほど伝わらないので、背中が冷えたりせず、快適に眠ることができるのです。

ただし、通気性には注意してください。

風通しがよくないものは、通気性が低くなってしまうため、湿気の対策を何もしなかった場合、カビが生えることがあります。

冬は乾燥することの方が多いとはいえ、湿気のリスクをまったく無視してしまうのはよくありません。

収納つきのベッドを使うなら、マットレスをこまめに立てかけたり、除湿シートを使ったりして、余分な湿気を取り除くことを忘れないようにしましょう。

きちんと注意点を守っていれば、デメリットを防ぎつつ、暖かさを確保することができます。

すのこに注意

すのこベッドは、床板がすのこ状になった風通しのよい製品であり、湿気対策には重宝されているタイプです。

しかし、夏に使っていたものを、そのまま使い続けたりしてはいけません。

すのこベッドを冬になっても使用していると、床の冷気がどんどん体を冷やし、暖かさを感じられなくなるおそれがあります。

湿度の高い日が多い夏なら問題はありませんが、寒さの厳しい冬まで兼用できるものではないので、十分注意してください。

季節に合わせたベッドを使うようにすると、マットレスの寒さをしっかり和らげることができます。

窓に近い場所で使っている

寝るときに寒くて困るようなときは、場所を見直してみることも必要になります。

もしベッドが窓の近くにあるようなら、別の場所に変更すべきです。

窓の近くは、外の冷気がビシビシと伝わってくるため、部屋の中ではかなり温度が低い場所になっています。

これには、中の熱が逃げ出していくことも影響しています。

ぴっちりと閉めきっていても、外気と接する窓の近くは、かなり寒くなってしまうのです。

そのため、寒さを防ぎたいときは、窓からなるべく離しておくことをおすすめします。

暖かくして眠るためには、少しでも温度の高い場所を選ぶようにしてください。

そうしておけば、冬でもひどく冷えるようなことはありません。

冷気を遮る工夫を

ちょうどよい場所がなく、どうしても窓の近くに寄せなければならない場合は、外からの冷気をシャットアウトしてしまいましょう。

そのために役立つのが、ホームセンターなどで売っている断熱シートです。

これを窓に貼ると、冷気を防ぐバリアになってくれるため、周辺の気温の低下を抑えられます。

内側から出ていく熱も防ぐことができるので、効果的な寒さ対策になるのです。

このような対策は、わざわざ断熱シートを買ってこなくても、家の中にあるものを利用して行うこともできます。

段ボールやエアキャップ(梱包などで使うプチプチ)にも冷気を遮断する効果があるので、上手に使っていきましょう。

長いカーテンもおすすめ

窓からの寒さを少しでも軽減するなら、カーテンのタイプも注目すべきポイントです。

短いタイプのカーテンは、寒さを防ぐには向いていません。

冬に使うなら、床まであるような長いものが適しています。

窓をすっかり覆ってしまうものなら、しっかりと冷気をカットすることができるのです。

腰高の窓の場合でも、長い製品の方が冷気は伝わりにくくなります。

また、厚さも要チェックです。

薄いカーテンよりも、厚みのある遮光カーテンの方が、より効果は高くなります。

冬用のカーテンとして用意しておくと便利なので、窓の冷気が気になるときは検討してみてください。

シーツの保温性が足りない

マットレスを使っていて寒いようなときは、シーツの冷たさも問題になります。

通常のシーツだと、冬はひんやりすることが多いものです。

肌が触れたときの冷たい感触を防ぐためには、マイクロファイバー素材の製品を試してみてください。

マイクロファイバーは、保温性の高い繊維であり、冬用の衣類にもよく使われています。

ヒートテックの下着やフリースの上着などは、大抵マイクロファイバーです。

そのような素材を使ったシーツなら、冬の寒さもしっかりと軽減してくれます。

また、毛布を利用するのも効果的な方法です。

毛布は基本的に上にかけるものですが、敷き毛布として使うようにすると、手っ取り早く保温効果を得ることができます。

下からの冷気が伝わりにくい状態になるため、うまい具合に寒さを和らげてくれるのです。

シーツを変えただけでは不安なときは、こうした大胆な工夫も取り入れてみてください。

足が冷えすぎている

足が冷たくなっていると、体もだんだん冷えてくるものです。

逆に、足がぽかぽかと温かい状態であれば、体の方も温まってきます。

そのため、寒さを防いで快適に眠るなら、足の保温をしっかり行うようにしてください。

「寝るときは裸足が基本」という人も多いですが、あまり冷たくなるようなら、靴下を履いたまま寝る方法も試してみましょう。

靴下があるだけでも、かなり冷たさを軽減できるものです。

それでも冷たいようなときは、湯たんぽを入れてみてください。

湯たんぽで布団の中の温度を上げておけば、体を潜りこませたとき、ほっとするような気持ちよさ感じることができます。

それなら、体の方もあまり冷えません。

足をしっかり温めて、寒い冬でもぐっすり眠れるようにしましょう。

まとめ

冬にマットレスを使うなら、できるだけ体が冷えないようにしておきたいものです。

冷えすぎると、よく眠れないだけでなく、体調を崩してしまうこともあります。

それを防ぐためには、ここで紹介した寒さにつながる原因を、しっかり潰しておくようにしましょう。

寒さを感じやすくなる要素がなくなれば、冬でも快適に眠ることができます。