マットレスに負荷をかけすぎない方法は?4つ注意点

マットレスは、睡眠のための便利なアイテムですが、使い方には注意しなければなりません。

負荷のかかりやすい使い方や、極端に負荷を集中させるような使い方は、劣化を早めることになってしまうのです。

そのような事態を避けるためには、常に正しい使い方をする必要があります。

では、守るべき注意点について、詳しく説明していきましょう。

同じ面ばかり使わない

マットレスの劣化を防ぎ、できるだけ長く使っていくためには、ときどき敷き方を変えるようにしてください。

ずっと同じ敷き方のまま、同じ面だけに体重をかけていると、劣化を防ぐことができなくなります。

これは、負荷が集中してしまうためです。

体重による負荷がほぼ同じ部分だけに偏ってしまうため、そこからどんどん劣化が進んでいきます。

何度も何度も同じ部分に衝撃を与えていれば、硬いものでも割れたり削れたりするものです。

それと同じで、マットレスの片面だけを酷使していれば、どうしてもダメージは大きくなってしまいます。

これを防ぐためには、使う面のローテーションを行い、負荷が偏らないようにしていきましょう。

他の部分にも負荷をかけ、うまく散らばるようにすれば、劣化の進行をゆるやかにできます。

裏表を入れ替える

使う面をローテーションさせるときは、特に裏表の入れ替えをしっかり行うようにしてください。

どちらの面にも同じくらい体重をかける使い方をしていれば、負荷がどこかに集中するような事態は避けられます。

これは、湿気対策としても有効な方法になります。

裏面は常に隠れているため、通気性が悪くなりがちです。

そのため、同じ面ばかり裏にして使うと、湿気の蓄積がひどくなってしまいます。

あまりにもジメジメすると、カビが生えてしまうこともあるので、入れ替えを確実に行い、裏の湿気を逃がすようにしましょう。

裏で多少湿気がこもっても、表にすることで空気に晒されるため、適度に軽減することができます。

上下も

マットレスの上下を入れ替えると、負荷の集中はより少なくなります。

頭の重さと足の重さによる負荷を上下に散らしていれば、どちらかに集中することはありません。

製品によっては、裏面が使えないものもあったりするので、その場合は上下だけでも入れ替えておきましょう。

少しでも負荷を分散させて、へたりを防ぐようにしてください。

上に立たない

マットレスに負荷をかけすぎないようにするなら、本来の用途を無視した使い方はしないでください。

別の用途で無理やり使ったりすれば、余計なダメージを与える可能性が高くなります。

そこで注意しておきたいのが、上に立ってしまうことです。

寝るのではなく立ち上がってしまった場合、足裏に体重の負荷が集中するため、かなり大きなダメージになってしまうのです。

劣化を防ぐなら、そのような使い方は避けるようにしましょう。

踏み台代わりにしない

高いところまで手を伸ばしたいときは、マットレスがちょうどよい踏み台に見えたりするので、困ったときは利用したくなることがあります。

しかし、マットレスの役割はあくまでも寝具なので、そんな理由で上に立ち上がるようなことはしないでください。

間違った使い方を繰り返していれば、劣化のスピードを和らげることはできなくなります。

通常より早くへたることもあるので、正しい使い方は必ず守るようにしましょう。

おかしな使い方をしなければ、無駄にダメージを蓄積させることはないため、長く使うことができます。

ジャンプもNG

子供はマットレスを遊び場にしてしまうこともありますが、上に乗ってジャンプするのもよくない行動なので、十分注意してください。

上に立つだけでも劣化が進むというのに、飛び跳ねたりすれば、さらに悪い影響を与えることになります。

いくら子供の体重とはいえ、あまり乱暴な使い方は避けるべきです。

できるだけ長く使いたいなら、常に丁寧に扱うことを心がけていきましょう。

優しく使っていればダメージも少なくなるので、寿命を縮めるようなことはありません。

強く叩かない

マットレスにかかる負荷を極力すくなくするためには、干すときの方法にも注意してください。

布団叩きでバシバシと叩いてしまうのはNGです。

殴りつけるような叩き方で大きな音を響かせていると、あまりに強い衝撃のために、だんだん劣化が進んでいきます。

上に乗って飛び跳ねるほどのダメージではありませんが、繰り返し行っていると、やはり寿命を縮めることになってしまうのです。

そのような失敗を防ぐためには、力任せに叩かないようにしましょう。

干すときに埃を落としたりすることは大切ですが、だからといって乱暴に扱ってよいわけではありません。

必要以上に力を入れて叩くと、それだけダメージが大きくなってしまいます。

叩くなら、むやみに叩きつけるのではなく、軽く叩く程度にしておきましょう。

それなら、強い衝撃を与え続けることにはならないので、余計な埃を落としても、へたりは抑えられます。

湿気をためすぎない

先述したように、湿度が高くなりすぎるとカビの繁殖が活発になるため、対策はしっかりと行う必要があります。

ただし、湿気対策で得られるメリットは、カビの防止だけではありません。

負荷をかけすぎないためにも、重要なポイントになるのです。

湿気で常にジメジメしているマットレスは、カビが生えるだけでなく、素材が傷んできます。

そうなると耐久性が落ちるため、体重による負荷の影響を受けやすくなってしまうのです。

したがって、へたりを抑えるためにも、湿気を少なくする工夫は必ず行うようにしてください。

敷きっぱなしにしない

湿気の蓄積を軽減するためには、長く敷きっぱなしにするのではなく、きちんと干すようにしましょう。

定期的に干していれば、こもった湿気をとばすことができるため、中の素材への影響は少なくなります。

きちんと叩き方に注意していれば、衝撃によるへたりも起こりません。

ただし、天日干しをするときは、説明書などをよく見てから実行すべきです。

日光に弱い素材を使っていたりすると、傷めないための対策のはずが、逆に寿命を削る結果になることもあります。

もし天日干しができない素材だった場合は、日陰で陰干しを行いましょう。

風通しのよい場所なら、日光が当たらなくても湿気対策ができます。

また、すでに紹介した使う面のローテーションも、敷きっぱなしを防ぐための有効な対策のひとつです。

普段からこまめに敷き方を変えて、湿気のデメリットをしっかり防いでください。

すのこと除湿シート

マットレスは、床に敷いていると湿気がたまりやすくなります。

床と密着することで通気性が悪くなるだけでなく、冬になると結露で濡れることもあるため、素材の傷みやカビの繁殖も防ぎにくくなってしまうのです。

床で使いたい場合は、直接敷くのではなく、すのこを設置してから敷いてください。

すのこで下の隙間を空けておけば、そこから湿気が逃げていくため、通気性のよい状態を維持できます。

また、結露対策には除湿シートが最適です。

発生した水滴を吸収してくれるので、濡れることによる湿度の上昇を抑えられます。

便利なアイテムをうまく利用して、素材を長持ちさせましょう。

まとめ

マットレスに負荷をかけすぎると、へたりやすくなってしまい、長く使い続けることができなくなります。

へたった製品を無理に使っていると腰を痛めることがあるので、もったいないからといって、そのままにしておくことはできません。

そのような失敗を回避するためにも、ここで紹介した対策はきちんと行うようにしてください。

いつかは寿命が来るとしても、できるだけ劣化が遅くなるように、大切に使っていきましょう。