マットレスに敷きパッドを使うメリットは?注目ポイント5選

GuanZo 敷きパッド ベッドパッド 綿100% 丸洗いOK 静電気防止 シングル 通気吸湿 抗菌防臭 防ダニ 大人用 子供用 100*200cm ホワイト

マットレスと敷きパッドを組み合わせると、より快適に眠ることができます。

しかし、敷きパッドはベッドパッドと似たようなイメージがあり、具体的にどのようなメリットがあるのか、よくわからないこともあります。

そうなると、選ぶときは少し困ってしまうものです。

ここでは、マットレスに敷きパッドを使ったときの魅力的なポイントについて、詳しく説明していきます。

温度の調節ができる

敷きパッドは、ベッドパッドと同じようなアイテムと思われることも多いですが、実は用途がまったく違います。

そのため、購入するときは、混同しないようにくれぐれも注意してください。

ベッドパッドの役割を期待して敷きパッドを使っても、欲しかった効果を得ることはできません。

アイテムがもつ機能と合致した使い方をすることで、初めて本当のメリットを引き出すことができるのです。

そこで注目したいのが、温度調節機能です。

温度の調節は、ベッドパッドとの大きな違いになります。

ちょうどよい温度でぐっすり

ベッドパッドの役割は、主に寝心地の改善です。

マットレスの上に敷いて厚みをプラスすることで、より気持ちよく眠れるようになります。

厚みが増せば、マットレス本体にかかる負荷を減らすことにもなるため、劣化のスピードも緩やかになります。

しかし、敷きパッドの方には、そうしたクッションとしての機能はありません。

あまり厚い製品ではないため、重ねて敷いても、寝心地改善や負荷の軽減は期待できないのです。

その代わりに備わっているのが、温度を調節できる素材です。

敷きパッドは、触ると冷たさを感じる素材や、体を温める素材を使ったものが多くあります。

それにより、夏の暑さや冬の寒さを和らげることができるのです。

暑すぎたり寒すぎたりしない快適な温度になれば、気持ちよく使うことができるため、睡眠の質もアップします。

ぐっすりと熟睡するためにも、敷きパッドをうまく使っていきましょう。

冷暖房に頼らない

温度の調節といえば、冷暖房を駆使して行うことも多いですが、それには電気が必要です。

長時間使い続けていれば、それだけ電気代がかさむことになります。

その点が気になる方だと、節約のために、暑さや寒さを我慢してしまうこともあります。

しかし、敷きパッドがあれば、そのような苦労をすることはありません。

季節に適した素材の敷きパッドを使うことで、一年中快適に過ごすことができるため、必要以上に冷暖房を頼ることはなくなります。

暑さや寒さがあまりにも厳しい日などは、さすがに使わないわけにはいきませんが、それでも敷きパッドなしの状態よりはましです。

敷きパッドを使っていない場合、一晩中ノンストップで冷暖房を使うことも多いため、電気代は増えてしまいます。

きちんと敷きパッドによる調節を行っていれば、そんなに長く使わなくても、十分に快適な温度を維持できるのです。

気持ちのよい肌触り

敷きパッドがベッドパッドと違う点としては、敷くときの位置もあります。

ベッドパッドは、基本的にシーツの下に敷いて使うアイテムです。

マットレスの上にベッドパッドを敷き、それからシーツを被せるという順番です。

一方、敷きパッドをセットするのは、一番上になります。

先にシーツを敷き、その上に敷きパッドを重ねるのが正しい順番です。

そうなると、肌に直接触れることになるため、肌触りが重要になってきます。

肌触りがよくないものを一番上にしていると、快適さを損なうことになります。

ベッドパッドの感触はシーツでカバーできますが、敷きパッドの上に重ねるものはありません。

そのため、体を乗せたときに気持ちよさを感じられるように、肌触りのよさを追求したものが多くなっています。

この点もベッドパッドとは異なるメリットなので、選ぶときは要チェックです。

自分に合った素材

敷きパッドは、素材によって感触に違いがあります。

基本的には肌触りのよい製品ですが、人によって合わないものもあったりするので、素材の確認はしっかり行うようにしましょう。

肌触りのよさに注目するなら、綿・絹・羊毛などがおすすめです。

それらはかなり気持ちのよい感触があるので、選ぶときは見落とさないようにしましょう。

麻に注意

麻の敷きパッドも、サラサラした感触がある魅力的な製品ですが、他のものに比べると、少し硬さがあります。

そのため、人によっては、サラサラというより、ゴワゴワした肌触りに感じることもあります。

麻だからといって安易に決めると失敗してしまうので、硬い感触が苦手な人は注意しておきましょう。

汗の処理ができる

夏用の敷きパッドには、高い吸水性を備えたものが多くあります。

そうした製品を選んでおけば、体から出る汗をしっかり吸い取ってくれるため、夏でも快適に過ごすことができるのです。

汗をうまく処理できるものは、不快感を軽減するだけでなく、温度調節の効果も高くなっています。

きちんと汗を吸い取ることで、適度に体温を下げ、涼しく眠れるようにしてくれるのです。

綿・絹・羊毛などは吸水性も高くなっているので、夏用の製品を購入するなら、素材をよく見て選ぶようにしましょう。

吸湿性も重要

吸水性が高い製品はは、体から流れ出る液体の汗を吸う効果が高いものです。

しかし、汗には蒸気となって出てくる分もあるため、その機能だけでは少し足りません。

蒸気の方を処理するには、吸湿性も必要になってきます。

吸水性と吸湿性が両方高いものを選び、暑い夏を気持ちよく過ごせるようにしましょう。

その点に注目するなら、綿や絹だけでなく、麻もおすすめの素材になります。

ポリエステルは蒸れる

ポリエステルは速乾性が高く、湿ってもすぐに乾きます。

そのため、夏に使う敷きパッドの素材としては最適なように思えますが、安易に決めてしまうのはよくありません。

ポリエステルは、乾きやすい代わりに、吸水性や吸湿性が低くなっています。

そのため、夏に使っていると蒸れることが多くなるのです。

蒸れがひどくなれば、蒸し暑さも増してしまうため、睡眠を妨げることになります。

失敗しないためには、乾きやすさばかりを追求せず、他の機能も含めて考えるようにしましょう。

汚れを防いでくれる

敷きパッドは、一番上に敷いて使うアイテムなので、汗だけでなく、さまざまな汚れを防ぐ役割もあります。

表面でしっかりガードしてくれるため、マットレスの方まで汚れが届くことはありません。

マットレスを清潔な状態で長く使うためにも、敷きパッドを積極的に利用していきましょう。

ただし、なるべく洗濯しやすい製品を見つけるようにしてください。

汚れを防ぐアイテムは、その蓄積もひどくなりやすいので、すぐに洗えるものが適しています。

こまめに洗いながら使えば、より気持ちよく眠ることができるのです。

臭いを防いでくれる

消臭機能がある敷きパッドは、汗の臭いなどを軽減してくれます。

夏は汗をかきやすいので、どうしても臭いが気になってしまうものです。

特に、誰かと一緒に寝るようなときは要注意です。

自分だけでも気になるときは気になりますが、パートナーにまで迷惑がかかるようなことは、なるべく避けたいものです。

そのためには、きちんと消臭効果のある製品を使うようにしましょう。

臭い対策としては抗菌の製品も役立ちそうですが、そちらは菌を減らして臭いを軽減するタイプです。

消臭の方は、臭いの成分に直接働きかけるタイプなので、効果が高くなっています。

睡眠の邪魔になる要素をできるだけ排除して、ぐっすり眠れるようにしましょう。

まとめ

敷きパッドは、とても便利なアイテムです。

ここまで紹介してきたように、マットレスと組み合わせることで、さまざまなメリットをもたらしてくれます。

ただし、購入するときは、ベッドパッドと間違えないように、慎重に選んでください。

なんとなく似たイメージがありますが、すでに説明したとおり、用途はそれぞれ異なります。

目的に合ったものを使い、睡眠の質を向上させていきましょう。