マットレスにカビが生える使い方は?4つのNGポイント

マットレスは、毎日の睡眠を快適なものにしてくれる重要な寝具ですが、使い方には注意しなければなりません。

間違った使い方をしていると、カビが生えてしまいます。

少しくらいなら取り除くこともできますが、あまりひどいようだと、処分しなければならないこともあるので、適当な使い方は避けるべきです。

では、カビが生えやすくなるNGな使い方について、対策も含めて詳しく説明していきましょう。

常に敷きっぱなしにする

マットレスのカビ対策で最も注意しておきたいポイントは、蓄積された湿気になります。

湿気が多い場所は、カビにとって過ごしやすい環境であり、活発に繁殖を始めてしまうのです。

繁殖を防ぐためには、なるべく湿気をためないような使い方が重要になります。

そのためには、敷きっぱなしを避けなければなりません。

いつも敷きっぱなしで使っていると、湿気がたまりやすくなってしまうのです。

これは、通気性が悪くなるためです。

敷きっぱなしにしていると、裏面がまったく空気に触れないことになります。

そのように空気の流れが少ない状態だと、寝汗や部屋の湿気などが染みこんでも、外へ逃がしてやることができません。

ずっと湿気をため込んだままになるため、カビが喜んで繁殖を始めてしまうのです。

それを防ぐためには、定期的に干すことをおすすめします。

敷きっぱなしで使い続けるのではなく、ときどき日光に当てて乾燥させるようにすると、たまった湿気をとばすことができます。

それなら、湿気の蓄積がひどくなったりせず、カビの被害も抑えることができるのです。

天日干し or 陰干し

マットレスを干して乾燥させるときは、天日干しにするか陰干しにするか、よく考えて決めなければなりません。

「どっちでも同じだろう」といった適当な考えでは、失敗してしまいます。

というのも、マットレスの中には、日光に弱いものがあるからです。

高反発タイプや低反発タイプによくあるウレタンは、日光を当てることでどんどん劣化していきます。

そのため、安易に天日干しを選んではいけません。

干すといえば、直射日光に当てることを想像しがちですが、日光に弱い製品だと、寿命を縮めることになってしまうのです。

そうした残念な失敗をしないためには、干す前に説明書などをチェックして、日光に当てても問題がないか、しっかり確かめておいてください。

もし日光がNGなら、天日干しは避けて、陰干しにすることをおすすめします。

陰干しは、風通しのよい日陰に干す方法なので、日光に弱い素材でも劣化は起こりません。

よく考えずにただ干してしまうのではなく、なるべくダメージの少ない方法を選択するようにしましょう。

裏表のローテーション

敷きっぱなしにしないで湿気を軽減するなら、干す方法以外にも、裏表の入れ替えを試してみてください。

裏になる面がいつも同じなど、通気性が悪くなるため、どうしても湿気がたまりやすくなってしまいます。

しかし、裏と表をときどき入れ替え、どちらの面も同じくらいの頻度で使うようにすれば、蓄積を抑えることができます。

裏で湿気をためても、表にして空気に晒せば、湿気を逃がすことができるのです。

体を乗せる面を長く固定しないことは、負荷を分散させ、へたりを防ぐ効果もあるので、長持ちさせたいなら、しっかりローテーションを行いましょう。

上下の入れ替えも

裏表のローテーションを行うときは、上下の入れ替えも加えるようにすると、さらに効果的な湿気対策をすることができます。

足と頭を乗せる部分が変われば、汗を多く吸う部分が固定されないため、湿気の集中が起こりません。

体の中で汗をかきやすいのは首や頭なので、ずっと同じところを使っていると、そこだけに湿気が集中することになります。

また、枕がある部分は蒸れるため、さらに湿度は上昇していきます。

それを防ぐなら、裏表と一緒に、上下もしっかり入れ替えながら使うようにしましょう。

直接寝る

カビ対策のために湿気を防ぐなら、マットレスに直接寝るようなことはしないでください。

何も敷かずに直接寝てしまうと、寝汗などがダイレクトに染みこんでしまうため、湿気の蓄積がひどくなります。

「何も敷かずに寝るのがベスト」といった話もありますが、それは「他の寝具を重ねない」という意味なので、間違えないようにしてください。

マットレスの上に敷き布団を敷いたりすると、体圧分散効果を妨げることがあるため、単体で使うのはよい方法です。

しかし、シーツやベッドパッドまで省いてしまうと、汗や皮脂などがどんどん染みこみ、汚れを増やしてしまいます。

湿度も上がってしまうため、そのまま放置していれば、カビが生えることになるのです。

そうならないためにも、シーツやベッドパッドは必ず使うようにしてください。

夏は特に湿気が多くなるので、しっかり対策をして、清潔な状態を保ちましょう。

床に直接敷く

マットレスは、ベッドだけでなく、床に敷いて使いたくなる場合もあります。

床に敷く方法は間違いではありませんが、ひとつ条件があるので、しっかり押さえておかなければなりません。

その条件というのが、直接敷かないことです。

床に直接敷いてしまうと、通気性が著しく低下することになります。

ぴったりと床に密着することで、湿気の逃げ道を完全に塞いでしまうのです。

ベッドで使うときも、裏面には湿気がたまりやすくなりますが、床に直接敷いたときの蓄積はさらにひどくなります。

そうなれば、カビが生える可能性も高くなるのです。

これを防ぐためには、便利なアイテムを利用してみましょう。

すのこの上に敷く

床に敷くときの通気性の悪さを改善するためには、すのこで隙間を空ける方法がおすすめです。

直接敷くのではなく、すのこを設置して、その上に敷いてみてください。

そうすれば、床と密着することはなく、うまい具合に裏の通気性を確保することができます。

湿気を閉じ込めるような使い方をすると、どうしてもジメジメしてしまうので、こうした対策はしっかり行うようにしましょう。

除湿シートで水分を軽減

床に直接敷いたときの湿気の増加には、結露も影響しています。

寒い時期に直接敷く方法で寝ていると、床の冷気と体温の温度差により、水滴がついてしまうのです。

そのため、裏面が濡れることも多く、湿気の蓄積に拍車をかけてしまいます。

このデメリットを防ぐなら、除湿シートをうまく利用してください。

除湿シートを裏に敷いておくと、水分を吸収してくれるので、結露による水滴がひどいときは、かなり役立ちます。

たっぷり吸ったあとは、乾かして何度でも使うことができるので、床に敷くなら積極的に使っていきましょう。

ベッドを壁に密着させる

ベッドを部屋の隅に設置する場合、壁にくっつけたくなることもありますが、湿気によるカビを防ぐなら、それは間違いです。

壁に密着しすぎていると、通気性が悪くなるため、湿気の蓄積を促進させてしまいます。

床に敷く場合と同じで、湿気をため込まないためには、なるべく隙間を多くすることが大切です。

そのため、壁に寄せて設置するときは、ぴったりとくっつけないように注意してください。

部屋の真ん中に置く必要はありませんが、湿気の逃げ道となる隙間を塞ぐことは避けるべきです。

壁に寄せるなら、完全に密着させてしまうのではなく、10cm程度の隙間を空けておきましょう。

それなら、周囲に空気の流れができるため、ジメジメと湿気がこもったりせず、カビが生えにくい環境をつくることができます。

まとめ

マットレスに生えるカビを防ぐなら、なによりも湿気を減らすことが重要になります。

そのため、ここで紹介したNGな使い方は、確実に避けるようにしてください。

長く敷きっぱなしにしたり、床に直接敷いたりすると、湿気がどんどんたまってしまいます。

多量の湿気でカビの繁殖を助けたりしないように、常に正しい使い方を心がけていきましょう。