ポケットコイルマットレス ムスタリング MR300Pを紹介!

ポケットコイルマットレスは、寝心地が良い事で、高い人気を集めています。

しかし、このマットレスについて詳しく知らない方は多いでしょう。

実は、ポケットコイルは寝心地が良くなっているのですが、デメリットもあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『ポケットコイルマットレス ムスタリング MR300P』です。

本製品は、ポケットコイルのメリットを活かしながら、デメリットをカバーしているので、詳しく紹介しましょう。

ポケットコイルマットレス ムスタリング MR300Pの魅力

本製品には、魅力的なポイントが4つあって、それが、ポケットコイル・平行配列・ボリューム・キルティングです。

この4つのポイントを理解できたら、本製品がいかに魅力的なマットレスなのか分かると思うので、詳しく解説します。

ポケットコイル

本製品が採用しているポケットコイルというのは、コイル(スプリング)が1本ずつ独立しているタイプになります。

コイルが独立している事によって、体を点で支える事ができるので、体圧を分散しやすくなっているのです。

体圧を分散できないマットレスを利用してしまえば、重くなっている腰や背中が沈み込みやすくなるので、隣のほうへ寝返りを打つ事が難しくなってしまいます。

もしも、強引に寝返りを打とうとしたら、腰や背中に負担をかけてしまうので、睡眠の質が低下してしまうのです。

そのような事を考えたら、体圧を分散できているのは、本製品の大きな魅力です。

平行配列

ポケットコイルには『平行配列』と『交互配列』の2種類の配置方法があって、本製品は平行配列を採用しています。

平行配列とはコイルを整列させて配置する方法で、交互配列とはコイルを少しズラしながら配置する方法になります。

交互配列のほうが隙間は少なくなっていますが、密集しているので、独立性があまり優れていません。

それに引き換え、平行配列はあまり密集していないので、独立性が高い事から、体圧分散しやすくなっているのです。

そのため、本製品は、交互配列を採用しているポケットコイルマットレスよりも体圧分散しやすくなっています。

ボリューム

体圧を分散しやすいマットレスでも、ボリュームが足りなければ「底つき感』が出てしまいます。

底つき感が出てしまえば、仰向けになっている時に背中や腰が痛くなってしまうので、必要以上に寝返りを打つ可能性が高くなってしまいます。

それでは、本製品のボリュームがどうなっているのかと言えば、マットレスの厚みが約24cmもあるのです。

これほど厚みのあるマットレスなので、底つき感を緩和している寝具を探している場合には、本製品はおすすめです。

キルティング

コイルを採用しているマットレスの場合には、体がコイルに当たってしまって、痛く感じる事があります。

体が痛く感じてしまえば、睡眠の質が低下して、途中で起きてしまう事になるので注意しなければいけません。

ところが、本製品の『キルティング』は盛り上がっているので、体がコイルに当たりづらくなっています。

そのため本製品は、ポケットコイルのメリットである体圧分散を活かしながら、ポケットコイルのデメリットをカバーする事が可能になっているのです。

本製品を利用するメリット

本製品は、寝心地がよくなっているだけではなく、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットを得る事ができるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

体にかかる負担を軽減

本製品は、体圧分散しやすくなっているので、体の沈み込みを抑えています。

そのため、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっているので、腰や背中にかかる負担を軽減できているのです。

体にかかる負担を軽減できる事から、体を怪我している方でも、寝心地がよくなっています。

ただし、怪我の症状によっては寝心地が悪くなる場合もあるので、あまり本製品を過信しないようにして下さい。

湿気対策

マットレスは、湿気がたまりやすい寝具なので、定期的に立てかける必要があります。

なぜなら、マットレスを立てかけておいたら、ある程度まで湿気を取る事ができるからです。

しかし、大型サイズになっているマットレスを立てかける事は簡単ではありません。

そこで、本製品の側面には『ベンチレーター』が搭載されていて、熱を放出しやすくなっているのです。

このように通気性が優れているマットレスなので、湿気がたまりづらくなっている事から、あまり寝具を立てかけないで済みます。

本製品の注意点

本製品は、魅力的なポイントが多くありますが、残念ながら注意すべきポイントがあります。

その注意点を知らないで、本製品を購入したら後悔する事になってしまうので、どのような所を注意したら良いのか紹介しましょう。

本製品の重量

本製品は通気性が優れているマットレスですが、あまりにも立てかける回数が少なかったら、湿気がたまってしまう事があります。

マットレスに湿気がたまってしまえば、ダニが繁殖してしまうので『ダニアレルギー』を発症したり、ダニに肌を刺されたりする場合があるのです。

しかし、本製品は極厚タイプになっている事から『重量』が約26kgもあるのです。

これほど重くなっているマットレスなので、力があまりない方では、立てかける事ができない可能性があるので注意して下さい。

コストパフォーマンス

本製品は、体圧を分散できるように作られている上に、ボリュームもあるので、コストをかけたマットレスになっています。

実際に、本製品は、楽天市場では送料無料ですが税込価格27,972円もするのです(2018年12月26日時点)。

それでは、値段の安いマットレスはあるのかと言えば、日本国内には5,000円前後になっている寝具がいくつもあります。

このように値段が安くなっているマットレスは多くあるので、本製品は値段よりも寝心地のほうを優先する方に合う寝具です。

利用者たちの満足度

本製品は、値段が少し高くなっているので、これほどのお金を払ってまで購入する価値があるのか、悩んでしまった方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用してみたら、自分の体に合うサイズになっていて、満足している方がいました。

実際に、本製品のサイズは幅97×長さ195cmになっているので、よほど体格が大きい方でなければ、利用しやすいサイズになっています。

さらに、他のマットレスでは足腰が痛く感じていた方でも、本製品を利用したら足腰があまり痛く感じないケースもありました。

この辺りは体圧を分散している事が大きく関係していますが、個人差があるので注意して下さい。

否定的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、マットレスが柔らかすぎて、不満を抱いている方がいました。

実は、ポケットコイルマットレスは、コイルが分散している事から、少しマットレスが柔らかくなっている製品が多くあります。

そのため、硬めのマットレスを探している場合には、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

ただし、本製品が柔らかく感じる方がいる一方で、硬く感じてしまう方もいたので、この辺りは個人差がある所なので仕方のない部分です。

まとめ

ポケットコイルマットレスは、1本ずつのコイルに不織布が覆われているので、本来であれば通気性が悪くなっています。

しかし、本製品はベンチレーターが搭載されているので、ポケットコイルのデメリットをカバーできているのです。

本製品は重くなっていますが、この辺りは底つき感を緩和するために、厚みがあるので仕方のない部分です。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!