ボンネルコイルマットレスのメリットやデメリットとは?

ボンネルコイルマットレスは、硬めのマットレスを好きな方たちの間で高い人気を集めています。

そのため、硬めのマットレスを購入してみたい方たちの中には、ボンネルコイルマットレスを検討している方もいるでしょう。

ただし、ボンネルコイルマットレスには、メリットやデメリットがあるので、詳しく知らないで購入したら後悔する場合があります。

そのような事態を避けるために、ボンネルコイルマットレスについて解説するので、みていきましょう。

ボンネルコイルマットレスの特徴

ボンネルコイルマットレスには、ポケットコイルマットレスと似ているところがあるので、その違いについて知らない方は多いでしょう。

そこで、ボンネルコイルマットレスの特徴について紹介するので、参考にしてみて下さい。

コイルを連結

ボンネルコイルタイプとポケットコイルタイプは、それぞれコイル(スプリング)を採用している所は同じです。

ただし、ボンネルコイルタイプはコイルを連結していて、ポケットコイルタイプはコイルが1本ずつ独立しています。

コイルが連結されていれば、マットレスが硬めに感じられるので、ボンネルコイルマットレスは高い人気を集めています。

そのため、硬めのマットレスが好きな方には、ボンネルコイルマットレスはおすすめです。

不織布のかぶせ方

ポケットコイルタイプは、コイルが独立しているので、1本ずつに不織布が被(かぶ)さっています。

それに引き換え、ボンネルコイルタイプは、コイルが独立していないので『通気性』が優れています。

実際に、マットレスは湿気がたまりやすいので、通気性が優れているのは注目すべきポイントです。

ボンネルコイルマットレスのメリット

ボンネルコイルマットレスは、ウレタンを採用しているマットレスや、ポケットコイルマットレスとは特徴が大きく違っています。

そのため、ボンネルコイルマットレスには、様々なメリットがあるので詳しく紹介しましょう。

寝返りの打ちやすさ

ボンネルコイルマットレスは硬めになっている事から、体があまり寝具に沈み込みません。

そのため、隣へ寝返りを打ちやすくなっているので、背中や腰を痛めている方でも、寝心地がよく感じられるケースがあるのです(個人差があるので注意)。

そのため、体が沈み込みやすいマットレスでは物足りなく感じている場合には、ボンネルコイルマットレスを検討する価値があります。

オールシーズンで活躍

ボンネルコイルマットレスは通気性が優れているので、湿気がたまりやすい梅雨の時期でも利用しやすくなっていますし、気温が高くなってしまう夏場の季節でも利用しやすいです。

寒い冬の季節には、暖かくなる羽毛布団を利用すれば、体の冷えを抑える事ができるので、ボンネルコイルマットレスはオールシーズンで重宝できます。

ボンネルコイルマットレスのデメリット

ボンネルコイルマットレスは、メリットがいくつもありますが、残念ながらデメリットもあります。

実際に、ボンネルコイルマットレスは、コイルが連結されているので、あまり体圧が分散されません。

この辺りはポケットコイルマットレスよりも劣っている部分なので、体圧を分散したい場合には、注意して下さい。

ボンネルコイルマットレスの選び方

ボンネルコイルマットレスはメリットもあれば、デメリットもあるので、寝具を選ぶ際には慎重に検討する必要がります。

体圧を分散しづらいマットレスなので、体が沈み込む事は覚悟した上で、底つき感を緩和できる製品を選んだほうが良いです。

そのためには、マットレスのボリュームが最低でも8cm以上になっている製品を選んで下さい。

マットレスのボリュームがあれば、底つき感を緩和できるので、ボンネルコイルマットレスのデメリットをある程度までカバーできます。

まとめ

ボンネルコイルマットレスは、通気性が優れている上に、マットレスが硬めになっています。

そのため、体重が重くなっている方でも利用しやすくなっているのです。

ただし、体圧を分散しづらくなっているので、妊婦さんのように体の一部だけに重みが増している場合には、寝心地が悪く感じる場合があります。

そのような事を考えたら、妊婦さんの場合には、赤ちゃんを出産した後にボンネルコイルマットレスを検討したほうが良いでしょう。