ウレタンマットレスの湿気を防ぐには?おすすめ対策5選

Kinga マットレス 高反発 高密度ウレタンフォーム 静電気防止加工 ヘタリにくい 抗菌防臭加工 敷き布団 体圧分散 快適 腰楽 底付なし 収納袋付き

ウレタンマットレスは、スプリングが入ったものとは違い、柔らかく体を受け止めてくれます。

クッション性が高いため、うまい具合にフィットしてくれるのです。

ただし、通気性が低い点には注意しなければなりません。

湿気がたまりすぎると、カビが繁殖したり、劣化を早めたりすることがあるので、対策をしっかり行う必要があります。

では、おすすめの湿気対策について、詳しく説明していきましょう。

干して乾燥させる

ウレタン製品の湿気対策として最も有効な方法は、定期的に干すことです。

敷きっぱなしにしていると、裏面だけ空気にふれない状態になるため、どうしても湿気がこもりやすくなります。

あまり蓄積されるとカビが生えてしまうので、いつまでも敷いたままにするのはよくありません。

面倒だからといって避けたりせず、きちんと干して乾燥させるようにしましょう。

そうしておけば、たまった湿気が蒸発するため、湿度を下げることができます。

ただし、ウレタンの製品を干すときは、他のものとは違った注意点があることも忘れてはいけません。

それをしっかり押さえておかないと、失敗することになります。

天日干しにしない

ウレタンは、日光に弱い素材です。

そのため、乾燥させるためとはいえ、安易に直射日光を当てるのはよくありません。

湿気をとばして長持ちさせることが目的だったとしても、実際には干すたびに劣化が進み、寿命を縮める結果になってしまうのです。

そのような失敗を防ぐためには、天日干しではなく、陰干しにすることをおすすめします。

陰干しは、風通しのよい日陰で乾燥させる方法であり、日光は必要ありません。

そのため、干すことで余計なダメージを与えることもないのです。

また、移動させずにすぐできることもメリットになります。

窓を開けて換気を行っていれば、わざわざ日当たりのよい場所まで運ばなくても、その場に立てかけるだけで干すことができます。

大きめのマットレスを使っていて、運ぶのが大変なときなども、ぜひ試してみてください。

叩きすぎはNG

布団やマットレスを干すときは、布団叩きでバンバンと叩いてしまう人もいますが、やりすぎは禁物です。

殴りつけるように強く叩くことを繰り返していると、へたりやすくなってしまいます。

いくら湿気を減らすことができても、別の方面から劣化が進んでしまうようでは、長持ちさせることはできません。

長く使いたいなら、大きな音を響かせるような乱暴な叩き方ではなく、軽く埃を落とす程度の優しい叩き方にしておきましょう。

あまり強い衝撃を与えないようにすれば、劣化を抑えることができます。

裏に風を入れる

裏面にたまった湿気をとばすためには、隙間をつくって風を送り込む方法も有効になります。

雑誌や箱などを挟んでマットレスの片側を持ち上げ、その隙間に扇風機で風を当ててみましょう。

この方法なら、普段隠れている裏面を空気に晒すことができるため、たまった湿気をうまく逃がすことができるのです。

サイズが大きくて動かしにくいものだと、立てかけるだけでも面倒に感じたりしますが、少し隙間をつくるだけなら、労力は少なくなります。

頻回に干すことができない場合は、こうした対策をこまめに行い、できるだけ湿度の上昇を抑えるようにしてください。

壁から離して設置する

湿気がこもらないようにするなら、設置する場所にも気を配るようにしましょう。

きちんと干していても、設置場所の湿度が高く、常にジメジメしていたのでは、対策の効果を弱めてしまう可能性があるのです。

避けておきたいのは、壁にピッタリと密着してしまう位置です。

壁との距離がゼロになっていると、空気の通り道を塞ぐことになってしまうため、どうしても湿気がこもりやすくなります。

それを防ぐためには、壁から10cmくらいの距離をとるようにしてください。

なるべく壁から離すといっても、部屋のど真ん中に置いたりする必要はありません。

壁に寄せていても、少しだけ隙間を空けていれば、周りにきちんと空気の流れができるため、湿気の蓄積を軽減することができます。

窓の下は避ける

壁と距離をとっていれば湿気は少なくなりますが、窓の下だけは例外です。

いくら壁から話していても、窓の下に寄せていると、湿度の上昇を回避できなくなってしまいます。

これは、結露が多くなるためです。

冬になると、中と外の温度差により、窓が結露で濡れることになります。

つまり、窓の近くは、他の場所よりも湿気が多い状態になるわけです。

そんな場所に設置したのでは、壁から離す対策の効果も、あまり期待できません。

湿気の少ない位置を選ぶなら、窓の下はできるだけ避けるようにしてください。

あまり湿度の高くない場所なら、壁との距離に注意することで、蓄積をしっかりと抑えることができます。

敷きパッドを使う

マットレスの湿度が上がってしまう原因には、寝汗があります。

睡眠中は体の動きが減るので、汗はほとんど出ないようなイメージもありますが、実際にはそれほど少ないわけではありません。

多いときには、コップ1杯に相当する量の寝汗をかくこともあるため、湿気の対策を考えるときは、無視できないポイントになるのです。

汗が多量に染みこむようだと、湿度の上昇を防ぐことは難しくなってしまいます。

この問題を解決するためには、敷きパッドを利用してみましょう。

シーツだけでも、ある程度防ぐことはできますが、その効果はあまり高いものではありません。

夏に使うときなどは、シーツだけだと防ぎきれないことが多いのです。

そんなときは、敷きパッドをプラスして、湿気の吸収効果を高めるようにしてください。

マットレスに染みこむ手前でしっかりガードすることができれば、湿度の上昇を防ぐことができます。

床ではすのこを使う

マットレスは、ベッドだけでなく、床に敷いて使う方法もありますが、直接敷くのはやめてください。

直接敷いたりすると、床と密着するために、通気性が悪くなってしまいます。

これは、壁にくっつけて設置したときと同じで、湿気の逃げ道を完全に塞いでしまことが原因です。

床と裏面がぴったりと接することになるため、空気の流れがすっかり滞ってしまい、湿気の蓄積がひどくなっていきます。

裏面はどうしても隠れてしまうものですが、下に収納スペースのないベッドだと、ある程度は通気性があるため、蓄積がゆるやかになるものです。

しかし、フローリングの床に密着した状態では、わずかな通気性もまったく期待できません。

そのような事態を回避するためには、すのこを利用して隙間をつくってしまいましょう。

すのこを先に置いて、その上に乗せるという方法なら、床と接することはなくなります。

先に設置したすのこのおかげで、しっかりと空気の通り道を確保できるため、湿気が適度に抜けていくようになるのです。

ベッドを使わないときは、こうした対策を必ず行うようにしてください。

除湿シートもおすすめ

除湿シートは、敷いておくだけで湿気を吸収してくれる便利なアイテムです。

床で使うときは、これを下に挟んでおくことも、効果的な湿気対策になります。

梅雨の時期などで周囲の湿度が高くなっていると、ちょっとやそっとの対策では効果が出ないこともあります。

そんなときは、除湿シートも加えて、効果アップを図りましょう。

まとめ

ウレタンマットレスは通気性がよくないので、他のタイプよりも湿気対策が重要になってきます。

油断していると、すぐにカビや劣化などのデメリットが発生してしまうので、十分注意してください。

ただし、適当な方法で対策をしていると、逆に劣化を早めてしまうこともあります。

そのような失敗をしないためには、ここで紹介した方法を参考にして、常に正しい対策を行うようにしましょう。